第30章 Xen のトラブルシューティング

この章では、Xen に於けるトラブルシューティング問題でユーザーを支援するための 基本的な概念を扱います。この章で扱うトラブルシューティングのトピックには以下が 含まれます:
  • Linux 及び仮想化のためのトラブルシューティングツール
  • 問題判別の為のトラブルシューティング技術
  • ログファイルの場所とログ内の情報の説明
この章では、読者に対して仮想化技術の問題場所を判別するための基礎を提供します。 トラブルシューティングは本で学習することが困難な実践と経験を要します。ユーザーは Red Hat Enterprise Linux 上で仮想化の実験とテストをして、トラブルシューティングの 能力を開発することが推奨されます。
このドキュメント内に解答を求めることが出来ない場合は、仮想化コミュニティからの オンライン解決案があるかも知れません。Linux 仮想化のウェブサイトの一覧は 「オンラインリソース」 でご覧下さい。

30.1. Xen でのデバッギングとトラブルシューティング

このセクションはシステム管理アプリケーション、ネットワーキングユーティリティ、 及びデバグツールなどを要約しています。これらの標準のシステム管理者ツールとログを 活用してトラブルシューティングの手助けにできます:

トラブルシューティングの為の役に立つコマンドとアプリケーション

xentop
xentop はホストシステムとゲストドメインに関するリアルタイムの 情報を表示します。
xm
dmesglog の使用
  • vmstat
  • iostat
  • lsof
iostat コマンド、mpstat コマンド、及び sar コマンドは全て sysstat パッケージで用意されています。
これらの高度なデバグツールとログを活用してトラブルシュートの手助けにできます:
  • XenOprofile
  • systemtap
  • crash
  • sysrq
  • sysrq t
  • sysrq w
これらのネットワーキングツールを活用して仮想化ネットワーキング問題での トラブルシュートの手助けにできます:
  • ifconfig
  • tcpdump
    tcpdump は ネットワークのパケットを検査します。 tcpdump はネットワーク異常とネットワーク認証に関する 問題を見つけるのに役に立ちます。 tcpdump のグラフィカルバージョンが wireshark と言う名前で存在します。
  • brctl
    brctl は Virtualization linux カーネル内のイーサネットブリッジ構成を検査して設定するネットワーキングツールです。これらのサンプルコマンドを実行するには root アクセスが必要になります:
    # brctl show 
    
    bridge-name    bridge-id          STP  enabled  interfaces  
    -----------------------------------------------------------------------------
    xenbr0             8000.feffffff       no        vif13.0
    xenbr1             8000.ffffefff       yes       pddummy0
    xenbr2             8000.ffffffef       no        vif0.0
    
    # brctl showmacs xenbr0
    
    port-no           mac-addr                  local?       aging timer
    
    1                 fe:ff:ff:ff:ff:           yes            0.00
    2                 fe:ff:ff:fe:ff:           yes            0.00
    
    
    # brctl showstp xenbr0
    
    xenbr0 
    
    bridge-id              8000.fefffffffff
    
    designated-root        8000.fefffffffff
    
    root-port              0                   path-cost             0
    
    max-age                20.00               bridge-max-age        20.00
    
    hello-time             2.00                bridge-hello-time     2.00
    
    forward-delay          0.00                bridge-forward-delay  0.00
    
    aging-time            300.01
    
    hello-timer            1.43                tcn-timer             0.00
    
    topology-change-timer  0.00                gc-timer              0.02
    
以下の一覧では、Red Hat Enterprise Linux 5 上の仮想化のトラブルシューティングの為の その他の役立つコマンドを表示しています。ここで言及してある全てのユーティリティは Red Hat Enterprise Linux 5 の Server レポジトリ内で見ることが できます。
  • strace は他のプロセスで受信されて使用されたシステムコールと イベントを追跡するコマンドです。
  • vncviewer: 使用中のサーバー、又は仮想マシン上で 稼働している VNC サーバーに接続します。 yum install vnc コマンドを使用すると vncviwer がインストールできます。
  • vncserver: 使用するサーバー上でリモートデスクトップを 開始します。そしてユーザーがリモートセッションを通じて virt-manager などのグラフィカル ユーザーインターフェイスを実行できるようにします。vncserver の インストールには、yum install vnc-server コマンドを使用します。