30.12.3. 完全仮想化ゲストからのシリアルコンソール出力

このセクションでは、完全仮想化ゲスト用のシリアルコンソール出力を 有効にする方法を説明します。
完全仮想化ゲストのシリアルコンソール出力は "virsh console" コマンドを使用して見ることができます。
完全仮想化ゲストのシリアルコンソールはいくつかの制限を持つことに注意して 下さい。現在の制限には以下が含まれます:
  • xend を使用した出力のログは利用できません。
  • 出力データは欠如するか、混乱しているかも知れません。
シリアルポートは Linux で ttyS0、又は Windows で COM1 と呼ばれます。
仮想シリアルポートに情報を出力するには、仮想化オペレーティングシステムを設定する 必要があります。
完全仮想化 Linux ゲストからのカーネル情報をドメインに出力するには、 "console=tty0 console=ttys0,115200" と言う行を 挿入することで /boot/grub/grub.conf ファイルを修正します。
title Red Hat Enterprise Linux Server (2.6.18-92.el5)
        root (hd0,0)
        kernel /vmlinuz-2.6.18-92.el5 ro root=/dev/volgroup00/logvol00
        console=tty0 console=ttys0,115200
        initrd /initrd-2.6.18-92.el5.img
ゲストを再起動します。
"virsh console" コマンドを使用するとシリアルコンソールの メッセージを見ることができます。

重要

完全仮想化ドメインからのシリアルコンソールメッセージは、para-virtualized ゲストとは 異なり、/var/log/xen/console にはログされていません。