7.2. Red Hat Enterprise Linux を完全仮想化ゲストとしてインストール

このセクションでは、完全仮想化の Red Hat Enterprise Linux 5 ゲストの インストールを説明しています。KVM hypervisor は、 Red Hat Enterprise Linux 5.4 又は それ以降を必要とします。

手順7.3 virt-manager を使用して完全仮想化 Red Hat Enterprise Linux 5 ゲストを作成

  1. virt-manager を開く

    virt-manager を開始します。アプリケーション メニューと システムツール サブメニューから 仮想マシン マネージャ のアプリケーションを起動します。別の方法として、root になって virt-manager コマンドを実行することもできます。
  2. Hypervisor を選択

    hypervisor を選択します。Xen か KVM がインストールされている場合は、そのいずれかを 選択します。例えば、KVM を選択する場合、現在、KVM は qemu と命名されていることに注意して下さい。
    まだ hypervisor を接続していない場合は接続します。ファイル メニューを開いて 接続の追加... オプションを選択します。 「開放接続のウィンドウ」 を参照して下さい。
    hypervisor 接続が選択されると、新規 ボタンが 利用可能になります。新規 ボタンをクリックします。
  3. 新規仮想マシンウィザードを開始

    新規 ボタンをクリックすると、仮想マシン作成ウィザードが スタートします。
    進む をクリックして継続します。
  4. 仮想マシンの命名

    使用する仮想ゲストの名前を付けます。句読点と空白文字は許可されません。
    進む をクリックして継続します。
  5. 仮想化のメソッドを選択

    仮想化ゲスト用の仮想化メソッドを選択します。インストール済みの仮想化メソッドのみを 選択できることに注意して下さい。先の手順で KVM か Xen を選択している場合、 (ステップ 4) その選択している hypervisor を使用しなければなりません。 ここの例では、KVM hypervisor を使用します。
    進む をクリックして継続します。
  6. インストールメソッドの選択

    Red Hat Enterprise Linux は以下の方法の1つを使用してインストールできます:
    • ローカルインストールメディア:ISO イメージか、又は 物理光学メディア
    • Red Hat Enterprise Linux のインストールツリーが、HTTP、 FTP 、又は NFS を介して ホストされている場合は、「ネットワークインストールツリー」 を 選択します。
    • Red Hat Enterprise Linux インストールメディアのブート用に PXE サーバーを設定している場合は、 PXE を使用することができます。Red Hat Enterprise Linux インストールを PXE ブートするように サーバー設定する方法はこのガイドでは言及しません。しかし、メディアブートの後はほとんどの インストール手順は同じです。
    スクリーンショットで示してあるように、OS タイプLinux に、 そして OS 変種Red Hat Enterprise Linux 5 に セットします。
    進む をクリックして継続します。
  7. インストールメディアの場所を指定

    ISO イメージの位置、又は CD-ROM か DVD のデバイスを選択します。ここの例では、 Red Hat Enterprise Linux installation DVD の ISO ファイルイメージを使用します。
    1. 閲覧 ボタンをクリック
    2. ISO ファイルの位置を検出して ISO イメージを選択します。開く を クリックして選択を確定します。
    3. ファイルが選択されてインストール準備ができました。
      進む をクリックして継続します。

    警告

    ISO イメージファイルとゲストストレージイメージには、/var/lib/libvirt/images/ ディレクトリの使用が推奨されます。他の場所では、追加の SELinux 設定が必要になります。詳細には、 「SELinux と仮想化」 を参照して下さい。
  8. ストレージセットアップ

    物理ストレージデバイス (ブロックデバイス) 又は ファイルベースイメージ (ファイル) を割り当てます。 ファイルベースイメージは /var/lib/libvirt/images/ ディレクトリに 格納しなければなりません。使用する仮想化ゲストには、十分なストレージを割り当てます。 仮想化ゲストとそれが必要とするアプリケーションにも十分なスペースを割り当てます。
    進む をクリックして継続します。

    注記

    ライブとオフラインの移行には、ゲストが共有のネットワークストレージにインストール されている必要があります。ゲスト用の共有ストレージの設定についての情報には、 9章共有ストレージと仮想化 を 参照して下さい。
  9. ネットワーク設定

    仮想ネットワーク 又は 共有の 物理デバイス のどちらかを選択します。
    仮想ネットワークオプションは、NAT(Network Address Translation)を 使用してデフォルトのネットワークデバイスを仮想化ゲストと共有します。 ワイヤレスネットワークには仮想ネットワークオプションを使用します。
    共有の物理デバイスオプションはネットワークボンドを使用して、仮想化ゲストに ネットワークデバイスへの全面的アクセスを与えます。
    進む をクリックして継続します。
  10. メモリーと CPU の割り当て

    メモリーと CPU の割り当てウィンドウが表示されます。仮想化 CPU と RAM の割り当てに 適切な値を選択します。これらの値は、ホストとゲストのパフォーマンスに影響を与えます。
    仮想化ゲストは、効率的にそして効果的に稼働するために十分な物理メモリー (RAM) を必要とします。使用するゲストオペレーティングシステムとアプリケーションの 必要性に適合するメモリーの値を選択します。ゲストは物理 RAM を使用することを忘れないで下さい。ホストシステムに対し、過度の数のゲストを稼働したり、不十分なメモリーを設定していると、仮想メモリーとスワップをかなり使用することになります。仮想メモリーは 確実に低速であり、システムパフォーマンスと反応性の低下の原因となります。 全てのゲストとホストが効率的に稼働できるように十分なメモリーを割り当てることを確認して下さい。
    十分な仮想 CPU を仮想ゲストに割り当てます。ゲストがマルチスレッドのアプリケーションを実行する場合は、ゲストが効率良く実行するのに必要な仮想化 CPU の数を割り当てます。ホストシステム上で利用できる物理プロセッサ (又はハイパースレッド)の数量以上の仮想 CPU を割り当てないで下さい。仮想プロセッサの超過割り当ては可能ですが、超過割り当ては、プロセッサのコンテキストがオーバーヘッドを切り替えるため、ゲストとホストのパフォーマンスに重大な否定的影響を与えます。
    進む をクリックして継続します。
  11. 確認してゲストインストールを開始

    設定を確認します。
    完了 をクリックしてゲストインストール 工程を開始します。
  12. Red Hat Enterprise Linux のインストール

    Red Hat Enterprise Linux 5 のインストールシーケンスを完了します。この インストールシーケンスは、『インストールガイド』 で 説明してあります。Red Hat ドキュメント で Red Hat Enterprise Linux 『インストールガイド』 を参照して下さい。
これで、完全仮想化 Red Hat Enterprise Linux 5 ゲストはインストールできました。