第25章 Xen カーネルブートパラメータの設定

GRUB (GNU Grand Unified Boot Loader) は各種のインストール済オペレーティングシステム、 またはカーネルをブートするプログラムです。またこれは、ユーザーがカーネルに引数を渡すことを 可能にします。GRUB 設定ファイル (/boot/grub/grub.conf に存在) は GRUB ブートメニューインターフェイス用にオペレーティングシステムのリストを作成します。kernel-xen RPM をインストールすると、スクリプトが kernel-xen エントリを GRUB 設定ファイルに追加し、これがデフォルトで kernel-xen を ブートします。 grub.conf ファイルの編集で、デフォルトの カーネルを修正するか、又は別のカーネルパラメータを追加します。
title Red Hat Enterprise Linux Server (2.6.18-3.el5xen)
root (hd0,0)
        kernel  /xen.gz.-2.6.18-3.el5
        module  /vmlinuz-2.6..18-3.el5xen ro root=/dev/VolGroup00/LogVol00  rhgb quiet
        module  /initrd-2.6.18-3. el5xenxen.img
Linux grub エントリをこの例のように設定すると、ブートローダは hypervisor とinitrd イメージと Linux カーネルをロードします。カーネルエントリは他のエントリの上部にある為、カーネルが最初にメモリーにロードされます。ブートローダはコマンドライン引数を hypervisor と Linux カーネルに送り、またそれらから受理します。次の例では Dom0 linux カーネルメモリーを 800 MB に制限する方法を示しています:
title Red Hat Enterprise Linux Server (2.6.18-3.el5xen)
root (hd0,0)
        kernel  /xen.gz.-2.6.18-3.el5 dom0_mem=800M
        module  /vmlinuz-2.6..18-3.el5xen ro root=/dev/VolGroup00/LogVol00  rhgb quiet
        module  /initrd-2.6.18-3. el5xenxen.img
これらの GRUB パラメータを使用することで Virtualization hypervisor を設定できます:
mem
これが hypervisor カーネルで利用できるメモリーの容量を制限します。
com1=115200, 8n1
これによりシステム内の一番目のシリアルポートがシリアルコンソールとして動作できるようになります (com2 は その次のポートと言う順に割り当てられます)。
dom0_mem
これが、 hypervisor 用に使用できるメモリーを制限します。
dom0_max_vcpus
これが Xen domain0 から見える CPU の容量を制限します。
acpi
これが ACPI hypervisor を hypervisor と domain0 に切り替えます。ACPI パラメータのオプションには次のようなものがあります:
/*   ****  Linux config options: propagated to domain0  ****/
/*   "acpi=off":      Disables both ACPI table parsing and interpreter.   */
/*   "acpi=force":    Overrides the disable blacklist.                    */
/*   "acpi=strict":   Disables out-of-spec workarounds.                   */
/*   "acpi=ht":       Limits ACPI from boot-time to enable HT.            */
/*   "acpi=noirq":    Disables ACPI interrupt routing.                    */
noacpi
これは割り込み伝達用の ACPI を無効にします。