Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

28.5. /etc/grub.conf の修正

このセクションでは、仮想化カーネルを使用するために安全にそして正確に /etc/grub.conf ファイルの変更をする方法を説明しています。Xen hypervisor を 使用するには、xen カーネルを使用しなければなりません。 既存の xen カーネルエントリのコピーにより、確実に全ての 重要な行をコピーして下さい。そうしないとシステムがブート時にパニックを起こします。 (initrd が '0' の連続を持つ) xen hypervisor 特有の値を必要とする場合は、それらを grub エントリの xen 行に追記する必要があります。
以下の出力は、kernel-xen パッケージを実行しているシステムからの grub.conf エントリの例です。個人のシステムの grub.conf は 異なるでしょう。以下の例の重要な部分は title 行から次の新しい行のセクションです。
#boot=/dev/sda
default=0
timeout=15
#splashimage=(hd0,0)/grub/splash.xpm.gz hiddenmenu
serial --unit=0 --speed=115200 --word=8 --parity=no --stop=1
terminal --timeout=10 serial console

title Red Hat Enterprise Linux Server (2.6.17-1.2519.4.21.el5xen)
        root (hd0,0)
        kernel /xen.gz-2.6.17-1.2519.4.21.el5 com1=115200,8n1
        module /vmlinuz-2.6.17-1.2519.4.21.el5xen ro root=/dev/VolGroup00/LogVol00
        module /initrd-2.6.17-1.2519.4.21.el5xen.img

注記

ユーザーのシステムが手動で編集されていたり、ある例からコピーされている場合は、 その grub.conf は異なっている可能性があります。仮想化と grub の使用に関する詳細は 25章Xen カーネルブートパラメータの設定 でご覧下さい。
起動時にホストシステムに割り当てるメモリーの量を 256MB にセットするには、 grub.confxen 行に dom0_mem=256M を追記する必要があります。 以前の例の中の grub 設定ファイルの変更バージョンは以下のようになります:
#boot=/dev/sda
default=0
timeout=15
#splashimage=(hd0,0)/grub/splash.xpm.gz
hiddenmenu
serial --unit=0 --speed=115200 --word=8 --parity=no --stop=1
terminal --timeout=10 serial console

title Red Hat Enterprise Linux Server (2.6.17-1.2519.4.21.el5xen)
        root (hd0,0)
        kernel /xen.gz-2.6.17-1.2519.4.21.el5 com1=115200,8n1 dom0_mem=256MB
        module /vmlinuz-2.6.17-1.2519.4.21.el5xen ro
        root=/dev/VolGroup00/LogVol00
        module /initrd-2.6.17-1.2519.4.21.el5xen.img