14.2. Para-virtualization の制約とサポート

このセクションでは、Red Hat Enterprise Linux 上での para-virtualized ドライバーの使用に於けるサポートの制約と必要事項に ついて概要を示します。サポートされる事項とサポートに課される 制約は以下のセクションでご覧になれます。
サポートされているゲストオペレーティングシステム

para-virtualized ドライバーへのサポートは、以下のオペレーティング システムとバージョンで利用可能です:

  • Red Hat Enterprise Linux 5.1 及びそれ以降
  • Red Hat Enterprise Linux 4 Update 6 及びそれ以降
  • Red Hat Enterprise Linux 3 Update 9 及びそれ以降
64 bit Red Hat Enterprise Linux 5 Virtualization 上での、para-virtualized ドライバーを持つ 32 bit ゲストオペレーティングシステムの 実行はサポートされています。
以下の表では、para-virtualized ドライバーでサポートされているカーネルの変種が 示してあります。以下のコマンドを使用すると、自分のホスト上に現在インストール されている正確なカーネル改訂版を識別することができます。 出力を表と比較してサポートされているかどうか判定して下さい。
# rpm -q --queryformat '%{NAME}-%{VERSION}-%{RELEASE}.%{ARCH}\n' kernel
Red Hat Enterprise Linux 5 i686 及び x86_64 のカーネル変種には、 SMP(Symmetric Multiprocessing)が含まれており、別途に SMP の カーネル RPM を必要としません。
以下の表で、Red Hat Enterprise Linux 3 ゲスト用のプロセッサ特有のカーネル 要件に注意を払って下さい。

表14.1 para-virtualized ドライバー用のサポートされているゲストカーネルアーキテクチャ

カーネルアーキテクチャ Red Hat Enterprise Linux 3 Red Hat Enterprise Linux 4 Red Hat Enterprise Linux 5
athlon サポート有り (AMD)   
athlon-SMP サポート有り (AMD)   
i32e サポート有り (Intel)   
i686 サポート有り (Intel) サポート有り サポート有り
i686-PAE サポート有り   
i686-SMP サポート有り (Intel) サポート有り  
i686-HUGEMEM サポート有り (Intel) サポート有り  
x86_64 サポート有り (AMD) サポート有り サポート有り
x86_64-SMP サポート有り (AMD) サポート有り  
x86_64-LARGESMP サポート有り   
Itanium (IA64) サポート有り   

重要

ホストシステムは Red Hat Enterprise Linux 5.1 又はそれ以降を必要とします。

注記

以下のコマンドの出力を書き留めて記憶して置きます。この値が ダウンロードすべきパッケージとモジュールを決定する値です。
# rpm -q --queryformat '%{NAME}-%{VERSION}-%{RELEASE}.%{ARCH}\n' kernel
出力は以下に似ているはずです:
kernel-PAE-2.6.18-53.1.4.el5.i686
カーネルの名前は PAE (Physical Address Extensions の略)で、カーネル バージョンは 2.6.18 で、リリースが 53.1.4.el5 で、アーキテクチャが i686 となっています。カーネルの rpm は常に kernel-name-version-release.arch.rpm の 形式になっています。
重要な制約

Para-virtualized デバイスドライバーは、ゲストオペレーティングシステムの 正常なインストールの後で、インストールできます。これらのドライバーを インストールできるようになるには、稼働中のホストとゲストが必要です。

注記

GRUB は現時点では、para-virtualized の ブロックデバイスにアクセスできません。そのため、ゲストは、para-virtualized ブロックデバイスドライバーを使用するデバイスからはブート出来ません。 特に、MBR(Master Boot Record)を含むディスク、ブートローダー(GRUB) を 含むディスク、又はカーネルの initrd イメージを含むディスクでは出来ません。 /boot のディレクトリやパーティションを含んでいるディスクはいずれも、 para-virtualized ブロックデバイスドライバーを使用できないと言うことになります。
Red Hat Enterprise Linux 3 カーネル変種アーキテクチャの依存関係

Red Hat Enterprise Linux 3 ベースのゲストオペレーティングシステムには、 以下の表で見えるように、プロセッサ特有のカーネルと para-virtualized ドライバー RPM を 使用しなければなりません。適合する para-virtualized ドライバーパッケージをインストール できないと、xen-pci-platform モジュールのロードは失敗します。

以下の表は、ゲストが Intel プロセッサ用にコンパイルされている場合に Red Hat Enterprise Linux 3 ゲストを稼働するのに必要となるホストカーネルを 示しています。

表14.2 Intel プロセッサ用の Red Hat Enterprise Linux 3 上で para-virtualized ドライバーを使用するゲストの為の必須ホストカーネルアーキテクチャ

ゲストカーネルタイプ 必須のホストカーネルタイプ
ia32e (UP と SMP) x86_64
i686 i686
i686-SMP i686
i686-HUGEMEM i686
以下の表は ゲストが AMD プロセッサ用にコンパイルされている場合に Red Hat Enterprise Linux 3 ゲストを稼働するのに必要となるホストカーネルを 示しています。

表14.3 AMD プロセッサ用の Red Hat Enterprise Linux 3 上で para-virtualized ドライバーを使用するゲストの為の必須ホストカーネルアーキテクチャ

ゲストカーネルタイプ 必須のホストカーネルタイプ
athlon i686
athlon-SMP i686
x86_64 x86_64
x86_64-SMP x86_64