32.2. Para-virtualized ゲストは、Red Hat Enterprise Linux 3 のゲストオペレーティング システム上ではロードに失敗。

Red Hat Enterprise Linux 3 はプロセッサアーキテクチャ特有のカーネル RPM を 使用するため 、para-virtualized ドライバー RPM がインストールされているカーネル アーキテクチャに適合しない場合、para-virtualized ドライバーはロードに 失敗する可能性があります。
para-virtualized ドライバーが挿入されると、未解決モジュールの長い リストが表示されます。エラーの短縮した要約は以下のようになります。
# insmod xen-platform-pci.o 
Warning: kernel-module version mismatch
xen-platform-pci.o was compiled for kernel version 2.4.21-52.EL
while this kernel is version 2.4.21-50.EL
xen-platform-pci.o: unresolved symbol __ioremap_R9eac042a
xen-platform-pci.o: unresolved symbol flush_signals_R50973be2
xen-platform-pci.o: unresolved symbol pci_read_config_byte_R0e425a9e
xen-platform-pci.o: unresolved symbol __get_free_pages_R9016dd82
[...]
解決策としては、 para-virtualized ドライバーを使用するハードウェアの為に 正しい RPM パッケージを使用することです。