5.4. 既存の Red Hat Enterprise Linux システムに KVM パッケージをインストール

このセクションでは、稼働可能な Red Hat Enterprise Linux 5.4 又はそれ以降のシステムに KVM hypervisor をインストールするためのステップを説明しています。
Red Hat Network エンタイトルメントの一覧にパッケージを追加

このセクションでは、仮想化パッケージ用の Red Hat Network (RHN) エンタイトルメントを 有効にする方法を説明します。Red Hat Enterprise Linux 上に仮想化パッケージをインストールして それを更新するのにこれらのエンタイトルメントが必要になります。Red Hat Enterprise Linux に 仮想化パッケージをインストールするためには、有効な Red Hat Network アカウントが要求されます。

更に、ご使用のマシンが RHN で登録される必要があります。未登録の Red Hat Enterprise Linux インストールを 登録するには、rhn_register コマンドを実行して、プロンプトに従います。
有効な Red Hat サブスクリプション(購読)をお持ちでない場合は、 Red Hat オンラインストア をご覧ください。

手順5.2 RHN を使用して仮想化エンタイトルメントを追加

  1. お持ちの RHN ユーザー名とパスワードを使用して RHN に ログインします。
  2. 仮想化のインストール先となるシステムを選択します。
  3. システムのプロパティ セクションでは、現在のシステム用の エンタイトルメントが エンタイトルメント のヘッディングの 横に一覧表示してあります。このプロパティを編集 リンクを 使用するとエンタイトルメントを変更することが出来ます。
  4. Virtualization チェックボックスを選択します。
ご使用のシステムはこれで、仮想化パッケージを受け取るエンタイトルメントを 持つようになりました。次のセクションでは、これらのパッケージのインストール法を説明しています。
yum を使用して KVM hypervisor をインストール

Red Hat Enterprise Linux 上で仮想化を使用するには、kvm パッケージが必要になります。kvm パッケージには 、KVM カーネルモジュールが含まれており、 デフォルトの Red Hat Enterprise Linux カーネル上に KVM hypervisor を提供します。

kvm パッケージをインストールするには、以下を実行します:
# yum install kvm
ここで、追加の仮想化管理パッケージをインストールします。
推奨されるその他の仮想化パッケージをインストールします:
# yum install virt-manager libvirt libvirt-python python-virtinst