3.7. クラスターメンバー用のフェンシングの設定

クラスター作成とフェンスデバイス作成の最初の手順が完了した後は、クラスターノード用のフェンシングを設定する必要があります。新規のクラスターを作成してそのクラスター用のフェンスデバイスを設定した後にノード用のフェンシングを設定するには、このセクションの手順に従ってください。クラスター内の各ノード用にフェンシングを設定する必要がある点に注意して下さい。
以下のセクションでは、各ノード用の単一フェンスデバイスの設定、バックアップフェンスデバイスを持つノードの設定、冗長電源装置を持つノードの設定を行う手順を説明しています。

3.7.1. 単一ノードに対する単一フェンスデバイスの設定

以下の手順を使用して、単一のフェンスデバイスを持つノードを設定します。
  1. クラスター固有のページから、クラスターディスプレイの上部にある Nodes(ノード群) をクリックすることで、クラスター内のノード群のフェンシングを設定できます。これにより、クラスターを構成するノード群が表示されます。これはまた、luci Homebase ページの左側のメニューから Manage Clusters(クラスターの管理) の下にあるクラスター名をクリックした時に表示されるデフォルトのページでもあります。
  2. 任意のノード名をクリックします。ノードのリンクをクリックすると、そのノードが設定された方法を示すリンク先のページが表示されます。
    ノード固有のページは、ノード上で現在稼働しているサービスと、そのノードがメンバーとなっているフェイルオーバードメインを表示します。既存のフェイルオーバードメインを修正するには、その名前をクリックします。フェイルオーバードメインの設定についての詳細は、「フェイルオーバードメインの設定」 をご覧ください。
  3. ノード固有のページで、Fence Devices の下にある Add Fence Method(フェンスメソッドの追加) をクリックします。これにより、Add Fence Method to Node(フェンスメソッドをノードに追加) ダイアログボックスが表示されます。
  4. このノード用に設定しているフェンシングメソッドの Method Name(メソッド名) を入力します。 これは Red Hat High Availability アドオンで使用される任意の名前です。これはデバイスの DNS 名と同じではありません。
  5. Submit をクリックします。そうすると Fence Devices の下に先ほど追加したメソッドを表示するノード固有の画面が表示されます。
  6. このメソッド用のフェンスインスタンスを設定するには、フェンスメソッドの下に表示される Add Fence Instance(フェンスインスタンスの追加) ボタンをクリックします。これにより、「フェンスデバイスの作成」 の説明のとおり、以前に設定したフェンスデバイスを選択できる Add Fence Device (Instance) ドロップダウンメニューが表示されます。
  7. このメソッド用にフェンスデバイスを選択します。このフェンスデバイスにノード固有のパラメーターを設定する必要がある場合は、設定すべきパラメーターがディスプレイに表示されます。フェンシングパラメーターの詳細については 付録A フェンスデバイスパラメーター を参照してください。

    注記

    パワーフェンス以外のメソッド (つまり、SAN/ストレージフェンシング) 用には、ノード特定のパラメーター画面で Unfencing がデフォルト選択されます。これにより、フェンス済みのノードのストレージへのアクセスは、再起動されるまでは再度有効になりません。アンフェンシングを必要とするデバイスを設定する際には、最初にクラスターを停止し、デバイスおよびアンフェンシングを含むすべての設定をクラスターが開始される前に追加する必要があります。ノードのアンフェンシングに関する詳細は、fence_node(8) の man ページを参照してください。
  8. Submit をクリックします。これにより、フェンスメソッドとフェンスインスタンスを表示するノード固有の画面に戻ります。