2.5. 統合されたフェンスデバイスと使用するための ACPI 設定

クラスターが統合化されたフェンスデバイスを使用する場合、迅速で完全なフェンシングを確保するために ACPI (Advanced Configuration and Power Interface) を設定する必要があります。

注記

Red Hat High Availability アドオンでサポートされている統合化されたフェンスデバイスの最新情報は、 http://www.redhat.com/cluster_suite/hardware/ を参照してください。
クラスターノードが統合化されたフェンスデバイスによりフェンスされるよう設定されている場合は、そのノードの ACPI Soft-Off を無効にします。ACPI Soft-Off を無効にすると、クリーンシャットダウン (例えば shutdown -h now) を試みるのではなく、統合されたフェンスデバイスが迅速かつ完全にノードをオフにできるようにします。これに対して、ACPI Soft-Off が有効な場合、統合されたフェンスデバイスはノードをオフにするのに 4 秒以上かかります (以下の注記参照)。さらには、ACPI Soft-Off が有効で、シャットダウン中にノードがパニックやフリーズを起こすと、統合されたフェンスデバイスがノードをオフにできない場合があります。これらの状況下では、フェンシングは遅延されるか、失敗します。結果的に、ノードが統合されたフェンスデバイスでフェンスされ ACPI Soft-Off が有効であると、クラスターの復帰は遅くなるか、復帰に管理者の介入が必要になります。

注記

ノードをフェンスするのに必要な時間は、使用される統合化されたフェンスデバイスにより異なります。一部の統合化されたフェンスデバイスは、電源ボタンを押し続けることに相当する動作を行います。そのため、フェンスデバイスは 4 〜 5 秒でノードをオフにします。別の統合化されたフェンスデバイスは、電源ボタンを一瞬だけ押すことに相当する動作を行い、ノードのオフはオペレーティングシステムに依存します。そのため、フェンスデバイスは 4 〜 5 秒よりもさらに長い時間幅でノードをオフにします。
ACPI Soft-Off を無効にするには、chkconfig 管理を使用して、フェンスされた時にノードが直ちにオフになることを確認します。ACPI Soft-Off を無効にするための推奨される方法は chkconfig 管理を使用することです。ただし、このメソッドがご使用のクラスターに十分でない場合は、以下の代替メソッドのいずれかを使用して ACPI Soft-Off を無効にできます:
  • BIOS 設定を "instant-off" 又は遅延なくノードをオフにする同様の設定に変更

    注記

    BIOS で ACPI Soft-Off を無効にすることは、一部のコンピューターでは不可能な場合があります。
  • /boot/grub/grub.conf ファイルのカーネルブートコマンドの行に acpi=off を追記

    重要

    このメソッドは ACPI を完全に無効にします。ACPI が完全に無効の場合、一部のコンピューターは正しく起動しません。このメソッドは、他のメソッドがご使用のクラスターに効果的でない場合に のみ 使用してください。
以下のセクションは、ACPI Soft-Off を無効にするための推奨されるメソッドと代替メソッドの手順を記載しています。

2.5.1. chkconfig 管理を使用した ACPI Soft-Off の無効化

chkconfig 管理を使用して ACPI Soft-Off を無効にするには、chkconfig 管理から ACPI デーモン (acpid) を削除するか、acpid をオフにします。

注記

これが ACPI Soft-Off を無効にする推奨されるメソッドです。
以下のようにして、各クラスターノードで chkconfig 管理を使用して ACPI Soft-Off を無効にします。
  1. 以下のどちらかのコマンドを実行します。
    • chkconfig --del acpid — このコマンドは chkconfig 管理から acpid を削除します。
      — または —
    • chkconfig --level 345 acpid off — このコマンドは acpid をオフにします。
  2. ノードを再起動します。
  3. クラスターが設定され稼働している間に、フェンスされた時点でノードが直ちにオフになることを確認します。

    注記

    ノードは fence_node コマンド、又は Conga でフェンスできます。