2.7. 設定の妥当性検証

クラスターの設定は、スタートアップ及び設定の再ロード時に /usr/share/cluster/cluster.rng のクラスタースキーマに沿って自動的に妥当性が検証されます。また、ccs_config_validate コマンドを使用するとクラスター設定の妥当性をいつでも検証できます。ccs コマンドを使用した設定の妥当性検証については、「設定の妥当性検証」 を参照してください。
注釈付きのスキーマは /usr/share/doc/cman-X.Y.ZZ/cluster_conf.html (例えば /usr/share/doc/cman-3.0.12/cluster_conf.html) を参照してください。
設定の妥当性検証は、以下の基本的なエラーをチェックします。
  • XML 妥当性 — 設定ファイルが有効な XML ファイルであることをチェックします。
  • 設定のオプション — オプション (XML の要素と属性) が有効であることをチェックします。
  • オプションの値 — オプションに有効なデータが含まれていることをチェックします (限定的)。
以下の例は、妥当性検証を示した有効な設定と無効な設定を表示しています。

例2.3 cluster.conf のサンプル設定:有効なファイル


<cluster name="mycluster" config_version="1">
  <logging debug="off"/>
   <clusternodes>
     <clusternode name="node-01.example.com" nodeid="1">
         <fence>
         </fence>
     </clusternode>
     <clusternode name="node-02.example.com" nodeid="2">
         <fence>
         </fence>
     </clusternode>
     <clusternode name="node-03.example.com" nodeid="3">
         <fence>
         </fence>
     </clusternode>
   </clusternodes>
   <fencedevices>
   </fencedevices>
   <rm>
   </rm>
</cluster>


例2.4 cluster.conf のサンプル設定:無効な XML


<cluster name="mycluster" config_version="1">
  <logging debug="off"/>
   <clusternodes>
     <clusternode name="node-01.example.com" nodeid="1">
         <fence>
         </fence>
     </clusternode>
     <clusternode name="node-02.example.com" nodeid="2">
         <fence>
         </fence>
     </clusternode>
     <clusternode name="node-03.example.com" nodeid="3">
         <fence>
         </fence>
     </clusternode>
   </clusternodes>
   <fencedevices>
   </fencedevices>
   <rm>
   </rm>
<cluster>         <----------------INVALID


この例では、設定の最後の行 ( "INVALID" として注釈) にスラッシュがありません。</cluster> ではなく <cluster> となっています。

例2.5 cluster.conf のサンプル設定:無効なオプション


<cluster name="mycluster" config_version="1">
  <loging debug="off"/>         <----------------INVALID
   <clusternodes>
     <clusternode name="node-01.example.com" nodeid="1">
         <fence>
         </fence>
     </clusternode>
     <clusternode name="node-02.example.com" nodeid="2">
         <fence>
         </fence>
     </clusternode>
     <clusternode name="node-03.example.com" nodeid="3">
         <fence>
         </fence>
     </clusternode>
   </clusternodes>
   <fencedevices>
   </fencedevices>
   <rm>
   </rm>
<cluster>


この例では、設定の 2 行目 ("INVALID" として注釈) に無効な XML 要素が含まれています。logging ではなく loging となっています。

例2.6 cluster.conf のサンプル設定:無効なオプション値


<cluster name="mycluster" config_version="1">
  <loging debug="off"/>
   <clusternodes>
     <clusternode name="node-01.example.com" nodeid="-1">  <--------INVALID
         <fence>
         </fence>
     </clusternode>
     <clusternode name="node-02.example.com" nodeid="2">
         <fence>
         </fence>
     </clusternode>
     <clusternode name="node-03.example.com" nodeid="3">
         <fence>
         </fence>
     </clusternode>
   </clusternodes>
   <fencedevices>
   </fencedevices>
   <rm>
   </rm>
<cluster>


この例では、設定の 4 行目 ("INVALID" として注釈) に XML 属性に無効な値が含まれています。node-01.example.comclusternode の行に nodeid があります。この値は正の値 ("1") ではなく負の値 ("-1") となっています。nodeid 属性の値は、正の値でなければなりません。