7.8. nfsexport および nfsserver リソースの設定

このセクションでは、nfsexport または nfsserver リソースの設定時に考慮すべき点および問題点を説明します。
nfsexport リソースエージェントは、NFSv2 および NFSv3 クライアントで機能します。nfsexport の使用時には、以下のことを実行する必要があります。
  • nfs および nfslock がブート時に有効となっていることを確認。
  • 全クラスターノードで RPCNFSDARGS="-N 4"/etc/sysconfig/nfs ファイルに追加。
  • nfslock="1"cluster.conf ファイルの service コンポーネントに追加。
  • サービスを以下のように構成します。
    
       <service nfslock="1" ... >
         <fs name="myfs" ... >
           <nfsexport name="exports">
             <nfsclient ref="client1" />
             <nfsclient ref="client2" />
             ...
           </nfsexport>
         </fs>
         <ip address="10.1.1.2" />
         ...
       </service>
    
    
nfsserver リソースエージェントは、NFSv3 および NFSv4 クライアントで機能します。nfsserver の使用時には、以下のことを実行する必要があります。
  • nfs および nfslock がブート時に無効となっていることを確認。
  • サービスで nfslock="1" と設定されていないことを確認。
  • サービスを以下のように構成します。
    
       <service ... >
         <fs name="myfs" ... >
           <nfsserver name="server">
             <nfsclient ref="client1" />
             <nfsclient ref="client2" />
             ...
           </nfsexport>
         </fs>
         <ip address="10.1.1.2" />
         ...
       </service>
    
    
NFSv3 および NFSv4 との使用で nfsserver リソースエージェントを用いるようにシステムを設定する際は、以下の制限を理解しておく必要があります。
  • クラスター 1 つあたり 1 つの nfsserver リソースのみを設定すること。さらに必要な場合は、問題となっている 2 つのサービスが決して同一ホスト上でスタートしないようにするために制限されたフェイルオーバードメインを使用する必要があります。
  • 2 つ以上のサービスでグローバルに設定された nfsserver リソースを参照しないこと。
  • 古いスタイルの NFS サービスを同一クラスター内で新しい nfsserver と混在させないこと。旧式の NFS サービスは NFS デーモンの稼働を必要としていましたが、nfsserver はサービス開始時にデーモンが停止している必要があります。
  • 複数のファイルシステムを使用する場合は、エクスポートに継承を使用することができません。つまり、複数のファイルシステムでのサービスにおける nfsclient リソースの再利用は制限されることになります。しかし、ターゲットおよびパス属性の明示的定義は、nfsclients の数に制限されずに行うことができます。