2.13. ricci の注意事項

Red Hat Enterprise Linux 6 では、ricciccsd に置き換わります。そのため、各クラスターノードで ricci が実行している必要があります。この目的は、riccicman_tool version -r コマンド、ccs コマンド、又は luci ユーザーインターフェースサーバーを介していようと、更新されたクラスター設定を伝播するためです。ricci を起動するには、service ricci start を使用するか、chkconfig を使ってブート時の起動を有効にします。ricci の IP ポートを有効にする方法については 「クラスターノードでの IP ポートの有効化」 を参照してください。
Red Hat Enterprise Linux 6.1 リリース以降では、いずれかの特定のノードから更新したクラスター設定を初めて伝播する時に ricci を使用するにはパスワードが必要です。使用しているシステムに ricci をインストール後、passwd ricci コマンドを使って root としてユーザー ricciricci のパスワードを設定します。