C.5. サービスとリソース順序へのデバッグとテスト

サービスとリソースの順序のデバッグとテストには、rg_test ユーティリティを使用できます。rg_test はコマンドラインユーティリティであり、シェル又はターミナルから実行する rgmanager パッケージにより提供されます(Conga にはありません)。表C.2「rg_test ユーティリティの要約」rg_test ユーティリティの動作と構文をまとめています。

表C.2 rg_test ユーティリティの要約

アクション 構文
rg_test が理解するリソースルールを表示する rg_test rules
エラー、又は余剰リソースエージェントの為に設定 (及び /usr/share/cluster) をテストする rg_test test /etc/cluster/cluster.conf
サービスの開始/停止の順序を表示する
開始順を表示する:
rg_test noop /etc/cluster/cluster.conf start service servicename
停止順を表示する:
rg_test noop /etc/cluster/cluster.conf stop service servicename
サービスを明示的に開始/停止する

重要

これを実行する場合は、1 つのノード上でのみ行ってください。また、常に rgmanager 内のサービスを最初に無効にしてください。
サービスを開始する:
rg_test test /etc/cluster/cluster.conf start service servicename
サービスを停止する:
rg_test test /etc/cluster/cluster.conf stop service servicename
2つの cluster.conf ファイル間でリソースのツリーデルタを計算して表示します。
rg_test delta cluster.conf file 1 cluster.conf file 2
例えば:
rg_test delta /etc/cluster/cluster.conf.bak /etc/cluster/cluster.conf