10.3. SNMP トラップの転送

SNMP トラップをクラスターの一部ではないマシンに転送することが可能です。外部マシン上で snmptrapd デーモンを使用して、通知に対する応答方法をカスタマイズできます。
以下の手順に従って、クラスター内の SNMP トラップをクラスターノード群の一部でないマシンに転送します:
  1. クラスター内の各ノードに対して、「Red Hat High Availability アドオンを使用した SNMP の設定」 で説明してある手順を実行します。/etc/snmp/snmpd.conf ファイル内の trap2sink host エントリをセットして、snmptrapd デーモンを実行することになる外部ホストを指定します。
  2. トラップを受信する外部ホスト上で、/etc/snmp/snmptrapd.conf 設定ファイルを編集して使用しているコミュニティ文字列を指定します。例えば、以下のエントリを使用して、snmptrapd デーモンが public コミュニティ文字列を使用して通知を処理できるようにします。
    authCommunity log,execute,net public
    
  3. トラップを受信する外部ホスト上で以下のコマンド群を実行して、 snmptrapd デーモンが有効で稼働中であることを確認します:
    # chkconfig snmptrapd on
    # service snmptrapd start
SNMP 通知の処理方法に関する詳細については snmptrapd.conf の man ページをご覧ください。