5.14. その他のクラスター設定

このセクションでは、以下を設定するための ccs コマンドの使用方法について説明します:
ccs コマンドを使用すると、totem オプション、dlm オプション、rm オプション、及び cman オプションを含む高度なクラスター設定のパラメーターを設定することもできます。これらのパラメーターを設定する方法についての詳細は ccs(8) の man ページ、及び /usr/share/doc/cman-X.Y.ZZ/cluster_conf.html にある注釈付きクラスター設定ファイルのスキーマをご覧ください。
クラスターに既に設定されているその他のクラスター属性の一覧を表示するには、以下のコマンドを実行します:
ccs -h host --lsmisc

5.14.1. クラスター設定のバージョン

クラスター設定ファイルには、クラスター設定のバージョン値が含まれます。設定バージョン値は、クラスター設定ファイルを作成した時点でデフォルトで 1 にセットされ、そのクラスター設定を修正する度に自動的に増加します。ただし、他の値に設定する必要がある場合は、以下のコマンドで値を指定できます:
ccs -h host --setversion n
既存のクラスター設定ファイル上の現在の設定バージョン値を表示するには、以下のコマンドを使用します:
ccs -h host --getversion
現在の設定バージョン値をクラスター内の全てのノード上のクラスター設定ファイル内で 1 つ増加させるには、以下のコマンドを実行します:
ccs -h host --incversion