第6章 Red Hat High Availability アドオンを使用した ccs の管理

本章では、ccs コマンドを使用して Red Hat High Availability アドオンを管理する上での各種管理タスクについて説明しています。ccs コマンドは Red Hat Enterprise Linux 6.1 リリース以降のバージョンでサポートされています。本章は以下のようなセクションで構成されます。

6.1. クラスターノードの管理

このセクションは、以下のような ccs コマンドを使用したノード管理機能を実行する方法を説明しています:

6.1.1. ノードのクラスターに対する離脱/参加

ccs コマンドを使用すると、ノード上でクラスターサービスを停止することによりノードがクラスターから離脱するようにできます。ノードがクラスターから離脱しても、そのノードからクラスター設定情報を削除することにはなりません。ノードをクラスターから離脱させることで、クラスターの再起動時にノードが自動的に参加できないようにします。
ノードをクラスターから離脱させるには、以下のコマンドを実行します。この操作により、-h オプションで指定されたノード上のクラスターサービスが停止します:
ccs -h host --stop
ノード上のクラスターサービスを停止すると、そのノード上で実行中のサービスはいずれもフェイルオーバーします。
クラスター設定からノードを完全に削除するには、「クラスターの作成」 で説明してあるように、 ccs コマンドで --rmnode オプションを使用します。
ノードをクラスターに再参加させるには、以下のコマンドを実行します。この操作は -h オプションで指定されたノード上でクラスターサービスを起動します:
ccs -h host --start

6.1.2. 稼働しているクラスターへのメンバーの追加

メンバーを実行中のクラスターに追加するには、 「クラスターの作成」 で説明されている方法でノードをクラスターに追加します。設定ファイルを更新した後に、 「クラスタノード群への設定ファイルの伝播」 の説明のとおりにそのファイルをクラスターの全ノードに伝播して、新しいクラスター設定ファイルをアクティベートします。