9.13. DLM (分散ロックマネージャー) のデバッグログは有効にする

DLM (分散ロックマネージャー) には必要に応じて有効にできる 2 つのデバッグオプションがあります。DLM カーネルデバッグと POSIX ロックデバッグです。
DLM デバッグを有効にするには、/etc/cluster/cluster.conf ファイルを編集して、設定オプションを dlm タグに追加します。log_debug オプションは DLM カーネルデバッグメッセージを有効にし、plock_debug オプションは POSIX ロックデバッグメッセージを有効にします。
以下の例にある /etc/cluster/cluster.conf ファイル内のセクションは、両方の DLM デバッグオプションを有効にする dlm タグを示しています。

<cluster config_version="42" name="cluster1">
  ...
  <dlm log_debug="1" plock_debug="1"/>
  ...
</cluster>

/etc/cluster/cluster.conf ファイルの編集後、cman_tool version -r コマンドを実行して残りのクラスターノードに設定を伝播します。