4.3.2. ノードのクラスターに対する離脱/参加

Congaluci サーバーコンポーネントを使用すると、ノード上の全てのクラスターサービスを停止することにより、ノードがアクティブなクラスターから離脱するようにできます。また、Congaluci サーバーコンポーネントを使用して、離脱したノードがクラスターに再参加するようにもできます。
ノードをクラスターから離脱させることは、ノードからクラスター設定情報を削除することにはなりません。クラスターノードディスプレイには、ノードのステータスが Not a cluster member(クラスターメンバーではない) として引き続き表示されます。クラスター設定からノードを完全に削除するための情報は 「クラスターからのメンバーの削除」 をご覧ください。
ノードをクラスターから離脱させるには、以下の手順を実行します。これによりノード内のクラスターソフトウェアをシャットダウンします。ノードをクラスターから離脱させることで、クラスターの再起動時にノードが自動的に参加できないようにします。
  1. クラスター固有のページから、クラスターディスプレイの上部にある Nodes(ノード群) をクリックします。これにより、クラスターを構成するノード群が表示されます。これは、luci Homebase ページの左側にあるメニューから Manage Clusters(クラスターの管理) の下にあるクラスター名をクリックした時に表示されるデフォルトのページでもあります。
  2. クラスターから離脱させるノードを選択するには、そのチェックボックスをクリックします。
  3. ページ上部のメニューから Leave Cluster(クラスターから離脱) 機能を選択します。これでページ上部にメッセージが表示され、ノードが停止中であることを示します。
  4. ページをリフレッシュして、ノードが更新されていることを確認します。
クラスターから離脱させるノードを全て選択した後に Leave Cluster をクリックすることにより、一度に複数のノードをクラスターから離脱させることもできます。
ノードをクラスターに再参加させるには、再参加させるノード群のチェックボックスをクリックして Join Cluster(クラスターに参加) を選択することで、ノード群を選択します。これで選択したノード群がクラスターに参加することになり、ノード群は再起動時にクラスターに参加します。