第1章 Red Hat High Availability アドオンの設定と管理の概要

Red Hat High Availability アドオンにより、コンピューター(ノード 又は メンバー と呼称)の集合を連結してクラスターとして機能させることができます。使用しているクラスタリング設定のニーズに適合するように Red Hat High Availability アドオンを使用できます (例えば、GFS2 ファイルシステム上でのファイルの共有やサービスのフェイルオーバー設定用にクラスターを設定できます)。

注記

High Availability アドオンおよび Red Hat Global File System 2 (GFS2) を使用して Red Hat Enterprise Linux クラスターを導入およびアップグレードするベストプラクティスについての情報は、Red Hat カスタマーポータルに掲載の "Red Hat Enterprise Linux Cluster, High Availability, and GFS Deployment Best Practices" というタイトルの記事を参照してください https://access.redhat.com/site/articles/40051
本章は、Red Hat Enterprise Linux 6 の初回リリース以降に Red Hat High Availability アドオンに追加された機能と更新内容についてまとめています。次章以降からは、Red Hat High Availability アドオンの設定と管理の概要を説明していきます。

1.1. 新機能と変更された機能

本セクションは、Red Hat Enterprise Linux 6 の初回リリース以降に追加された Red Hat High Availability アドオンの新機能と変更された機能について説明します。

1.1.1. Red Hat Enterprise Linux 6.1 の新機能と変更された機能

Red Hat Enterprise Linux 6.1 では、ドキュメントと機能が以下のように更新/変更されています。
さらに、ドキュメント全体に渡り若干の訂正と明確化を図りました。

1.1.2. Red Hat Enterprise Linux 6.2 の新機能と変更された機能

Red Hat Enterprise Linux 6.2 では、ドキュメントと機能が以下のように更新/変更されています。
  • Red Hat Enterprise Linux は、アクティブ/アクティブ構成で Clustered Samba を実行するサポートを提供するようになりました。Clustered Samba 設定の詳細については、11章Clustered Samba の設定 を参照してください。
  • luci をホストしているシステム上で認証できる全ユーザーは luci にログインできます。ただし、Red Hat Enterprise Linux 6.2 以降、管理者 (root ユーザー又は管理者パーミッションを持つユーザー) がユーザーに対してパーミッションを設定するまでは、luci を実行しているシステムの root ユーザーのみが luci コンポーネントにアクセスできます。ユーザーに luci のパーミッションを設定する詳細については、「luci へのアクセス制御」 を参照してください。
  • クラスターのノードは、UDP ユニキャストトランスポートのメカニズムを使用して、ノード間の通信が行われます。UDP ユニキャスト設定に関する詳細情報は 「UDP ユニキャストトラフィック」 を参照してください。
  • /etc/sysconfig/luci ファイルを使用することで、luci の動作を設定できるようになりました。例えば、luci が機能している IP アドレスのみを特別に設定できます。luci が機能している IP アドレスのみを設定する詳細については、表2.2「luci を実行するコンピューター上で有効な IP ポート」 を参照してください。/etc/sysconfig/luci ファイルの一般的な詳細は、/etc/sysconfig/luci を使用した luci の設定」 を参照してください。
  • ccs コマンドに、利用可能なフェンスデバイスの一覧を表示する --lsfenceopts オプションが追加されました。また、--lsfenceopts fence_type オプションは利用可能なフェンスタイプを表示します。これらのオプションの詳細については、「フェンスデバイスとフェンスデバイスオプションの一覧表示」 を参照してください。
  • ccs コマンドに、クラスターに現在利用可能なクラスターサービスの一覧を表示する --lsserviceopts オプションが追加されました。また、--lsserviceopts service_type オプションは、特定のタイプのサービスに指定できるオプションの一覧を表示します。これらのオプションの詳細については、「利用可能なクラスターサービスおよびリソースの一覧表示」 を参照してください。
  • Red Hat Enterprise Linux 6.2 リリースでは、VMware (SOAP インターフェース) フェンスエージェントに対するサポートを提供しています。フェンスデバイスのパラメーターについての詳細は、付録A フェンスデバイスパラメーター を参照してください。
  • Red Hat Enterprise Linux 6.2 リリースでは、RHEV 3.0 以降の RHEV-M REST API フェンスエージェントに対するサポートを提供しています。フェンスデバイスのパラメーターについての詳細は、付録A フェンスデバイスパラメーター を参照してください。
  • Red Hat Enterprise Linux 6.2 リリース以降、ccs コマンドを使用してクラスター内で仮想マシンを設定する場合、--addvm オプション (addservice オプションではない) を使用できます。これにより、クラスター設定ファイルの rm 設定ノードで直接 vm リソースを定義できます。ccs コマンドを使用して仮想マシンリソースを設定する詳細については、「仮想マシンのリソース」 を参照してください。
  • 本ガイドに、新しい付録として 付録D クラスターサービスリソースチェックとフェイルオーバーのタイムアウト が加わりました。この付録は、rgmanager がクラスターリソースのステータスをモニターする方法、ステータスチェックの間隔を修正する方法について説明しています。また、操作のタイムアウトによりサービスが失敗することを示した __enforce_timeouts サービスパラメーターについても説明しています。
  • 本ガイドには、「クラスターコンポーネントに対する iptables ファイアウォールの設定」 の項が追加されています。この項では、様々なクラスターコンポーネントに対して iptables ファイアウォールを使用してマルチキャストトラフィックを可能にするために使用できるフィルタリングについて説明しています。
さらに、ドキュメント全体に渡り若干の訂正と明確化を図りました。

1.1.3. Red Hat Enterprise Linux 6.3 の新機能と変更された機能

Red Hat Enterprise Linux 6.3 では、ドキュメントと機能が以下のように更新/変更されています。
さらに、ドキュメント全体に渡り若干の訂正と明確化を図りました。

1.1.4. Red Hat Enterprise Linux 6.4 の新機能および変更された機能

Red Hat Enterprise Linux 6.4 では、ドキュメントと機能が以下のように更新/変更されています。
  • Red Hat Enterprise Linux 6.4 リリースでは、Eaton Network Power Controller (SNMP Interface) フェンスエージェント、HP BladeSystem フェンスエージェント、IBM iPDU フェンスエージェントに対応しています。フェンスデバイスのパラメーターに関する情報は、付録A フェンスデバイスパラメーター を参照してください。
  • 付録B HA リソースパラメーター では、NFS サーバーのリソースエージェントに関する説明が追加されています。
  • Red Hat Enterprise Linux 6.4 では、root ユーザーまたは luci 管理者権限を持つユーザーは、luci インターフェースを使用してユーザーをシステムから削除できるようになりました。これについては、「luci へのアクセス制御」 に記載されています。
  • 付録B HA リソースパラメーター では、ファイルシステムおよび GFS2 HA リソースの新規パラメーター nfsrestart について説明しています。
  • 本ガイドには、 「以前の設定を上書きするコマンド」 のセクションが追加されました。
  • 「IP ポートの有効化」 には、igmp 向けに iptables ファイアウォールをフィルタリングする情報が含まれています。
  • IPMI LAN フェンスエージェントは、付録A フェンスデバイスパラメーター に記載されているように、IPMI デバイスの権限レベルを設定するパラメーターに対応するようになりました。
  • クラスター内のノード間通信ができるように、イーサネットのボンディングモード 1 以外に、0 と 2 へのサポートが追加されています。本ガイドのトラブルシューティングに関するアドバイスで、対応のボンディングモードのみを使用するように提案されていましたが、現在はこの旨を記載しています。
  • VLAN タグのネットワークデバイスは、クラスターのハートビート通信に対応するようになりました。ハートビート通信に対応していない旨のトラブルシューティングアドバイスは、本書から削除されています。
  • Red Hat High Availability アドオンは、冗長リングプロトコルの設定に対応するようになりました。この機能の使用および cluster.conf 設定ファイルの設定に関する一般情報は、「冗長リングプロトコルの設定」 を参照してください。luci で冗長リングプロトコルを設定する方法は、「冗長リングプロトコルの設定」 を参照してください。ccs コマンドで、冗長リングプロトコルを設定する方法は、「冗長リングプロトコルの設定」 を参照してください。
さらに、ドキュメント全体に渡り若干の訂正と明確化を図りました。

1.1.5. Red Hat Enterprise Linux 6.5 の新機能および変更された機能

Red Hat Enterprise Linux 6.5 では、ドキュメントと機能が以下のように更新、変更されています。
さらに、ドキュメント全体にわたって若干の訂正と明確化が図られています。