2.3.2. luci の IP ポートの有効化

クライアントコンピューター群が luci (Conga ユーザーインターフェースサーバー) を実行する 1 台のコンピューターと通信できるようにするには、luci に割り当てられている IP ポートを有効にする必要があります。表2.2「luci を実行するコンピューター上で有効な IP ポート」 に従って、luci を実行する各コンピューターで IP ポートを有効にします。

注記

クラスターノードが luci を実行している場合は、ポート 11111 は既に有効になっているはずです。

表2.2 luci を実行するコンピューター上で有効な IP ポート

IP ポート番号 プロトコル コンポーネント
8084 TCP luci (Conga ユーザーインターフェースサーバー)
/etc/sysconfig/luci ファイルを使用して設定を有効した Red Hat Enterprise Linux 6.1 リリース以降、luci が機能する IP アドレスのみを特別に設定できるようになりました。使用しているサーバーインフラストラクチャーに複数のネットワークが組み込まれており、内部ネットワークからのみ luci にアクセスしたい場合は、この機能を使用できます。このためには、ファイル内の host を指定する行をコメント解除して編集します。例えば、ファイルの host 設定を 10.10.10.10 に変更するには、host の行を次のように変更します。
host = 10.10.10.10
/etc/sysconfig/luci ファイルの詳細については、/etc/sysconfig/luci を使用した luci の設定」 を参照してください。