Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

第5章 ccs コマンドを使用した Red Hat High Availability アドオンの設定

Red Hat Enterprise Linux 6.1 リリース以降、Red Hat High Availability アドオンは ccs クラスター設定コマンドのサポートを提供しています。ccs コマンドにより、管理者は cluster.conf クラスター設定ファイルの作成/修正/表示が可能です。ccs コマンドを使用して、クラスター設定ファイルをローカルファイルシステム又はリモートノード上で設定できます。さらには、ccs コマンドにより、管理者は設定済のクラスター内にある 1 つ又はすべてのノードでクラスターサービスの起動と停止を行うこともできます。
本章は ccs コマンドを使用した Red Hat High Availability アドオンクラスター設定ファイルの設定方法について説明しています。実行中のクラスターを管理するための ccs コマンドの使用に関しては 6章Red Hat High Availability アドオンを使用した ccs の管理 をご覧ください。
本章は以下のセクションで構成されます。

注記

High Availability アドオンの導入がご使用のニーズに適合していて、サポート可能であることを確認してください。導入する前に、Red Hat 認定担当者に連絡して、設定を検証してください。さらに、設定のバーンイン期間を設けて障害モードのテストを実施してください。

注記

本章では、一般に使用されている cluster.conf の要素と属性を参照します。cluster.conf の要素と属性の総括的な一覧と説明は、/usr/share/cluster/cluster.rng にあるクラスタースキーマと /usr/share/doc/cman-X.Y.ZZ/cluster_conf.html (例えば、/usr/share/doc/cman-3.0.12/cluster_conf.html) にある注釈付きスキーマを参照してください。

5.1. 操作の概要

このセクションでは、クラスターを設定するための ccs コマンドの使用に関する一般的な操作について説明します。

5.1.1. ローカルシステム上でのクラスター設定ファイルの作成

ccs コマンドを使用すると、クラスターノードでクラスター設定ファイルを作成できます。あるいは、ローカルファイルシステムでクラスター設定ファイルを作成して、それをクラスター内のホストに送信することも可能です。これによりローカルマシンのファイルでの作業が可能になるため、バージョン管理下で維持管理ができます。別の方法として、ニーズに合わせてファイルをタグ付けすることも可能です。ccs コマンドを使用するには、root 権限は必要ありません。
ccs コマンドを使用してクラスターノード上でクラスター設定ファイルを作成/編集する場合、-h オプションを使用して、ホスト名を指定します。これは、ホストの cluster.conf ファイルを作成/編集することになります:
ccs -h host [options]
ローカルシステム上でクラスター設定ファイルを作成/編集するには、ccs コマンドで -f オプションを使用して、クラスターの操作を行う時に設定ファイル名を指定します。ファイル名は任意に指定できます。
ccs -f file [options]
ローカルでファイルを作成した後は ccs コマンドで --setconf オプションを使用して、ファイルをクラスターノードに送信することができます。クラスター内のホストマシン上で、送信したファイルは cluster.conf と名前が付けられ、/etc/cluster ディレクトリに配置されます。
ccs -h host -f file --setconf
ccs コマンドの --setconf オプションの使用方法については、 「クラスタノード群への設定ファイルの伝播」 をご覧ください。

5.1.2. 現在のクラスター設定の表示

クラスターの設定ファイルの作成時に現在ファイルを出力したい場合、以下のコマンドを使用して、クラスター内のノードをホストとして指定します。
ccs -h host --getconf
ローカルシステム上でクラスター設定ファイルを作成する場合は、「ローカルシステム上でのクラスター設定ファイルの作成」 に示してあるように、-h オプションではなく -f オプションを指定します。

5.1.3. ccs コマンドを使用した ricci パスワードの指定

ccs コマンドは cluster.conf ファイルのコピーをクラスターのノード群に配布します。このコマンドの実行には、ricci の注意事項」 で説明してあるように、クラスターノード群に ricci がインストールされ稼働している必要があります。ricci を使用する場合は、いずれかのマシンから ricci とやりとりを行う初回時にパスワードが必要になります。
使用しているマシンからある特定のマシン上で ricci のインスタンスのパスワードを入力していない場合は、ccs コマンドが必要な場合にパスワードをプロンプトします。別の方法として、-p オプションを使用して、コマンドラインで ricci パスワードを指定することも可能です。
ccs -h host -p password --sync --activate
ccs コマンドの --sync オプションを使用して cluster.conf ファイルをクラスター内の全ノードに伝播し、そのコマンドに ricci パスワードを指定する場合、ccs コマンドはクラスター内の各ノードにそのパスワードを使用します。個々のノードで ricci に違うパスワードを設定する必要がある場合は、--setconf-p オプションを付けて使用することで、設定ファイルを同時に 1 つのノードに配布できます。

5.1.4. クラスター設定コンポーネントの修正

ccs コマンドを使用して、クラスターコンポーネント及びそれらの属性をクラスター設定ファイル内で設定します。そのファイルにクラスターコンポーネントを追加した後に、そのコンポーネントの属性を修正するには、定義したコンポーネントを削除してから、属性を修正して再度コンポーネントを追加しなければなりません。各コンポーネントでこれを実行する方法の詳細は、本章の個別のセクションで紹介しています。
cman クラスターコンポーネントの属性は、クラスターコンポーネントの変更手順に例外を追加できます。この属性を変更するには、ccs コマンドの --setcman オプションを実行して、新しい属性を指定します。「以前の設定を上書きするコマンド」 に記載されているように、このオプションを指定すると、明示的に指定していない値はすべてデフォルト値にリセットされるので注意してください。

5.1.5. 以前の設定を上書きするコマンド

ccs コマンドの中には、プロパティを設定すると上書きセマンティクスの実装をするオプションが複数あります。つまり、設定を何も指定せずにオプションの 1 つをつけて ccs コマンドを実行できますが、全設定がデフォルト値にリセットされるということです。これらのオプションは以下のとおりです。
  • --settotem
  • --setdlm
  • --setrm
  • --setcman
  • --setmulticast
  • --setaltmulticast
  • --setfencedaemon
  • --setlogging
  • --setquorumd
例えば、フェンスデーモンのプロパティをすべてリセットするには、以下のコマンドを実行します。
# ccs -h hostname --setfencedaemon
ただし、これらのコマンドのいずれかを使用してプロパティをリセットした場合、コマンドのその他のプロパティがデフォルト値にリセットされる点に注意してください。例えば、以下のコマンドを使用して post_fail_delay プロパティを 5 に設定することができます。
# ccs -h hostname --setfencedaemon post_fail_delay=5
コマンド実行後、以下のコマンドを実行して post_join_delay プロパティを 10 にリセットすると、post_fail_delay プロパティはデフォルト値にリセットされます。
# ccs -h hostname --setfencedaemon post_join_delay=10
post_fail_delaypost_join_delay の両方のプロパティをリセットするには、以下の例のように、同じコマンド内で両方を指定します。
# ccs -h hostname --setfencedaemon post_fail_delay=5 post_join_delay=10
フェンスデバイスの設定に関する詳細情報は、「フェンスデバイスの設定」 を参照してください。

5.1.6. 設定の妥当性検証

ccs コマンドを使用して、クラスター設定ファイルの作成/編集を行う場合、設定はクラスタースキーマに従って自動的に検証されます。Red Hat Enterprise Linux 6.3 リリース以降、ccs コマンドは -h オプションで指定するノードの /usr/share/cluster/cluster.rng にあるクラスタースキーマに従って設定を検証します。これまでは、ccs コマンドは ccs コマンドでパッケージ化されたローカルシステムのクラスタースキーマである /usr/share/ccs/cluster.rng を常に使用していました。-f オプションを使用してローカルシステムを指定する場合は、ccs コマンドはそのシステムで ccs コマンドでパッケージ化されたクラスタースキーマの /usr/share/ccs/cluster.rng を引き続き使用します。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。