D.2. リソースタイムアウトの強制

リソースの開始、停止、フェイルオーバーにタイムアウトはありません。一部のリソースは開始/停止に長時間かかります。残念なことに、停止のエラー (タイムアウトを含む) が発生すると、サービスは動作不可能 (失敗した状態) になります。必要に応じて、個別にサービスの各リソースでタイムアウトを強制的に有効にすることもできます。そのためには、__enforce_timeouts="1"cluster.conf ファイルの参照に追加します。
以下の例は、__enforce_timeouts 属性を netfs リソースに設定したクラスターサービスを示しています。この属性が設定された状態で、回復プロセス時に NFS ファイルシステムをアンマウントするのに 30 秒超かかる場合は、動作はタイムアウトになり、サービスは失敗します。

</screen>
<rm>
  <failoverdomains/>
  <resources>
    <netfs export="/nfstest" force_unmount="1" fstype="nfs" host="10.65.48.65" 
           mountpoint="/data/nfstest" name="nfstest_data" options="rw,sync,soft"/>
  </resources>
  <service autostart="1" exclusive="0" name="nfs_client_test" recovery="relocate">
    <netfs ref="nfstest_data" __enforce_timeouts="1"/>
  </service>
</rm>