第4章 Conga を使用した Red Hat High Availability アドオンの管理

本章では Red Hat High Availability アドオンを管理する上での各種管理タスクについて説明しています。以下のセクションから構成されます:

4.1. luci インターフェースへの既存クラスターの追加

以前に High Availability アドオンクラスターを作成したことがある場合は、そのクラスターを簡単に luci インターフェースに追加して、Conga を使用したクラスターの管理を行うことができます。
既存のクラスターを luci インターフェースに追加するには、以下の手順に従います:
  1. luci Homebase ページの左側にあるメニューの Manage Clusters(クラスターの管理) をクリックします。Clusters(クラスター) 画面が表示されます。
  2. Add(追加) をクリックします。Add Existing Cluster(既存クラスターの追加) 画面が表示されます。
  3. 既存クラスター内にあるいずれかのノードのホスト名と ricci パスワードを入力します。クラスター内の各ノードにはクラスターの全ての設定情報が含まれているため、これでクラスターを luci インターフェースに追加するための十分な情報を提供できます。
  4. Connect(接続) をクリックします。Add Existing Cluster(既存クラスターの追加) の画面にクラスター名とクラスター内の他のノード名が表示されます。
  5. クラスター内の各ノード用に個別の ricciパスワードを入力するか、パスワードを 1 つ入力して Use the same password for all nodes(全てのノードに同じパスワードを使用) を選択します。
  6. Add Cluster(クラスターの追加) をクリックします。ここで、以前に設定したクラスターが Manage Clusters(クラスターの管理) 画面に表示されます。