2.5.3. grub.conf ファイル内での ACPI の完全無効化

ACPI Soft-Off を無効にするための推奨されるメソッドは、chkconfig 管理 (chkconfig 管理を使用した ACPI Soft-Off の無効化」) を使用することです。使用中のクラスターにこの推奨されるメソッドが効果的でない場合は、BIOS 電源管理 (「BIOS を使用した ACPI Soft-Off の無効化」) を使用して ACPI Soft-Off を無効にできます。どのメソッドも効果的でない場合は、grub.conf ファイルのカーネルブートコマンドラインに acpi=off を追記すると ACPI を完全に無効にできます。

重要

このメソッドは ACPI を完全に無効にします。ACPI が完全に無効の場合、一部のコンピューターは正しく起動しません。このメソッドは、他のメソッドがご使用のクラスターに効果的でない場合に のみ 使用してください。
以下のようにして、各クラスターの grub.conf ファイルを編集することにより ACPI を完全に無効にできます。
  1. テキストエディターで /boot/grub/grub.conf を開きます。
  2. /boot/grub/grub.conf 内のカーネルコマンドラインに acpi=off を追記します (例2.2「acpi=off が追記されたカーネルブートコマンドライン」 を参照) 。
  3. ノードを再起動します。
  4. クラスターが設定され稼働している間に、フェンスされた時点でノードが直ちにオフになることを確認します。

    注記

    ノードは fence_node コマンド、又は Conga でフェンスできます。

例2.2 acpi=off が追記されたカーネルブートコマンドライン

# grub.conf generated by anaconda
#
# Note that you do not have to rerun grub after making changes to this file
# NOTICE:  You have a /boot partition.  This means that
#          all kernel and initrd paths are relative to /boot/, eg.
#          root (hd0,0)
#          kernel /vmlinuz-version ro root=/dev/mapper/vg_doc01-lv_root 
#          initrd /initrd-[generic-]version.img
#boot=/dev/hda
default=0
timeout=5
serial --unit=0 --speed=115200
terminal --timeout=5 serial console
title Red Hat Enterprise Linux Server (2.6.32-193.el6.x86_64)
        root (hd0,0)
        kernel /vmlinuz-2.6.32-193.el6.x86_64 ro root=/dev/mapper/vg_doc01-lv_root console=ttyS0,115200n8 acpi=off
        initrd /initramrs-2.6.32-131.0.15.el6.x86_64.img
この例では、acpi=off がカーネルブートコマンドライン (「kernel /vmlinuz-2.6.32-193.el6.x86_64.img」で始まる行) に追加されました。