2.10. Red Hat High Availability アドオンと SELinux

Red Hat Enterprise Linux 6 対応の High Availability アドオンでは、SELinux ポリシータイプを targeted にセットした状態で enforcing の状態の SELinux をサポートします。

注記

仮想マシン環境で High Availability アドオンを使って SELinux を使用する場合、SELinux ブール値 fenced_can_network_connect が永続的に on に設定されていることを確認してください。この設定により、fence_xvm フェンシングエージェントが正常に機能し、システムによる仮想マシンのフェンシングが可能になります。
SELinux の詳細については、Red Hat Enterprise Linux 6 の 『導入ガイド』 を参照してください。