3.4. クラスターの作成

luci を使用してクラスターを作成するには、クラスターへの名前の割り当て、クラスターへのクラスターノードの追加、各ノード用の ricci パスワードの入力、 クラスターを作成する要求の提出を行います。ノード情報とパスワードが正しければ、Conga は (適切なソフトウェアパッケージが現在インストールされていない場合は) 自動的にソフトウェアをクラスターノードにインストールして、クラスターを起動します。クラスターの作成方法は、以下のとおりです。
  1. luci Homebase ページの左側にあるメニューから Manage Clusters (クラスターの管理) をクリックします。図3.2「luci のクラスター管理のページ」 に示してあるように、Clusters (クラスター) 画面が表示されます。
    luci のクラスター管理のページ

    図3.2 luci のクラスター管理のページ

  2. Create (作成)をクリックします。そうすると 図3.3「luci のクラスター作成のダイアログボックス」 に示してあるように Create New Cluster (新規クラスターの作成) ダイアログボックスが表示されます。
    luci のクラスター作成のダイアログボックス

    図3.3 luci のクラスター作成のダイアログボックス

  3. 必要に応じて、Create New Cluster ダイアログボックスに以下のパラメーターを入力します:
    • Cluster Name (クラスター名) のテキストボックスに、クラスター名を入力します。クラスター名は 15 文字以下にしてください。
    • クラスター内の各ノードが同じ ricci パスワードである場合、Use same password for all nodes (全てのノードに同じパスワードを使用) にチェックを入れると、ノード追加時に password (パスワード) フィールドに自動入力できます。
    • クラスター内のノードの名前を Node Name (ノード名) カラムに入力して、そのノード用の ricci パスワードを Password カラムに入力します。ノード名の長さは、最大 255 バイトまでになります。
    • システムをクラスタートラフィック用のみに使用される専用のプライベートネットワークで設定している場合、luci はクラスターノード名が解決するアドレスとは異なるアドレス上の ricci と通信するように設定すると良いでしょう。これを行うには、アドレスを Ricci Hostname として入力します。
    • ricci エージェント用にデフォルトの 11111 とは異なるポートを使用している場合は、そのパラメーターを変更できます。
    • Add Another Node (別のノードを追加) をクリックして、クラスター内の追加ノード毎にノード名と ricci パスワードを入力します。
    • クラスターを作成する時点でノードに既にインストールされているクラスターソフトウェアパッケージをアップグレードしたくない場合は、Use locally installed packages(ローカルにインストールされたパッケージを使用) オプションを選択します。全てのクラスターソフトウェアパッケージをアップグレードしたい場合は、Download Packages (パッケージのダウンロード) オプションを選択します。

      注記

      Use locally installed packagesDownload Packages のオプションのどちらを選択するにしても、ベースのクラスターコンポーネントの一部が欠如している場合 (cmanrgmanagermodcluster 及びそれら全ての依存関係)、それらはインストールされます。インストールできなければ、ノードの作成は失敗します。
    • Reboot nodes before joining cluster の選択は任意です。
    • クラスター化ストレージが必要な場合は、Enable shared storage support (共有ストレージサポートを有効にする) を選択します。これにより、クラスター化ストレージをサポートするパッケージがダウンロードされ、クラスター化 LVM が有効になります。ただし、これは Resilient Storage アドオン、又は Scalable File System アドオンへのアクセスがある場合にのみ選択してください。
  4. クラスターの作成 (Create Cluster) をクリックします。クラスターの作成 (Create Cluster) をクリックすると以下のアクションが発生します:
    1. パッケージのダウンロード (Download Packages) を選択した場合は、クラスターソフトウェアパッケージがノード上にダウンロードされます。
    2. クラスターソフトウェアがノードにインストールされます (又は、適切なソフトウェアパッケージがインストールされたことが確認されます)。
    3. クラスター設定ファイルが更新され、クラスター内の各ノードに伝播します。
    4. 追加されたノード群がクラスターに参加します。
    クラスターが作成中であることを知らせるメッセージが表示されます。クラスターの準備ができると、図3.4「クラスターノードの表示」 にあるように新規作成されたクラスターのステータスが表示されます。ricci がどのノードでも稼働していない場合は、クラスター作成は失敗することに注意して下さい。
    クラスターノードの表示

    図3.4 クラスターノードの表示

  5. クラスターを作成するために Create Cluster(クラスターの作成) をクリックした後に、クラスターノード表示ページの上部にあるメニューから Add (追加) 又は Delete (削除) の機能をクリックすることで、クラスターに対するノードの追加/削除ができます。クラスター全体を削除しない限り、ノードを削除するにはまずノードを停止する必要があります。現在稼働中の既存のクラスターからノードを削除する方法については 「クラスターからのメンバーの削除」 を参照してください。

    注記

    クラスターからクラスターノードの削除は、元に戻すことが不可能な破壊的な操作です。