7.9. 設定の確認

クラスター設定ファイルを作成した後は、以下の手順を実行して、正しく稼働することを確認します:
  1. 各ノードで、クラスターソフトウェアを起動します。このアクションにより、開始時のみにチェックされる追加設定が実行中の設定に含まれていることを確認します。service cman restart を実行すると、クラスターソフトウェアを再起動できます。例えば:
    [root@example-01 ~]# service cman restart
    Stopping cluster: 
       Leaving fence domain...                                 [  OK  ]
       Stopping gfs_controld...                                [  OK  ]
       Stopping dlm_controld...                                [  OK  ]
       Stopping fenced...                                      [  OK  ]
       Stopping cman...                                        [  OK  ]
       Waiting for corosync to shutdown:                       [  OK  ]
       Unloading kernel modules...                             [  OK  ]
       Unmounting configfs...                                  [  OK  ]
    Starting cluster: 
       Checking Network Manager...                             [  OK  ]
       Global setup...                                         [  OK  ]
       Loading kernel modules...                               [  OK  ]
       Mounting configfs...                                    [  OK  ]
       Starting cman...                                        [  OK  ]
       Waiting for quorum...                                   [  OK  ]
       Starting fenced...                                      [  OK  ]
       Starting dlm_controld...                                [  OK  ]
       Starting gfs_controld...                                [  OK  ]
       Unfencing self...                                       [  OK  ]
       Joining fence domain...                                 [  OK  ]
    
  2. CLVM がクラスター化ボリュームの作成に使用されている場合は、service clvmd start を実行します。例えば:
    [root@example-01 ~]# service clvmd start
    Activating VGs:                                            [  OK  ]
    
  3. Red Hat GFS2 を使用している場合は、service gfs2 start を実行します。例えば:
    [root@example-01 ~]# service gfs2 start
    Mounting GFS2 filesystem (/mnt/gfsA):                      [  OK  ]
    Mounting GFS2 filesystem (/mnt/gfsB):                      [  OK  ]
    
  4. 高可用性 (HA) サービスを使用している場合は、service rgmanager start を実行します。例えば:
    [root@example-01 ~]# service rgmanager start
    Starting Cluster Service Manager:                          [  OK  ]
    
  5. いずれかのクラスターノードで cman_tool nodes を実行して、ノード群がクラスター内でメンバーとして機能していることを確認します (ステータスカラム "Sts" で "M" として表示)。例えば:
    [root@example-01 ~]# cman_tool nodes
    Node  Sts   Inc   Joined               Name
       1   M    548   2010-09-28 10:52:21  node-01.example.com
       2   M    548   2010-09-28 10:52:21  node-02.example.com
       3   M    544   2010-09-28 10:52:21  node-03.example.com
    
  6. いずれかのノードで clustat ユーティリティを使用して、HA サービスが期待どおりに稼働していることを確認します。さらに、clustat はクラスターノード群のステータスを表示します。例えば:
    [root@example-01 ~]#clustat
    Cluster Status for mycluster @ Wed Nov 17 05:40:00 2010
    Member Status: Quorate
    
     Member Name                             ID   Status
     ------ ----                             ---- ------
     node-03.example.com                         3 Online, rgmanager
     node-02.example.com                         2 Online, rgmanager
     node-01.example.com                         1 Online, Local, rgmanager
    
     Service Name                   Owner (Last)                   State         
     ------- ----                   ----- ------                   -----           
     service:example_apache         node-01.example.com            started       
     service:example_apache2        (none)                         disabled
    
  7. クラスターが期待通りに動作している場合は、設定ファイルの作成は終了です。8章コマンドラインツールを使用した Red Hat High Availability アドオンの管理 内に説明してあるコマンドラインツールを使用してクラスターを管理できます。