4.5. 高可用性サービスの管理

「クラスターへのクラスターサービスの追加」 に示してあるようなサービスの追加と修正に加えて、Congaluci サーバーコンポーネントを介して高可用性サービス用に以下のような機能を実行することもできます:
  • サービスの起動
  • サービスの再起動
  • サービスの無効化
  • サービスの削除
  • サービスの再配置
クラスター固有のページから、クラスターディスプレイの上部にある Service Groups(サービスグループ) をクリックすることにより、そのクラスターのサービスを管理できます。これにより、そのクラスター用に設定されたサービス群が表示されます。
  • Starting a service(サービスの開始) — 現在稼働していないいずれかのサービスを起動するには、起動したいサービスのチェックボックスをクリックしてそのサービスを選択し、 Start をクリックします。
  • Restarting a service(サービスの再起動) — 現在稼働中のいずれかのサービスを再起動するには、再起動したいサービスのチェックボックスをクリックしてそのサービスを選択し、Restart をクリックします。
  • Disabling a service(サービスの無効化) — 現在稼働中のいずれかのサービスを無効にするには、無効にしたいサービスのチェックボックスをクリックしてそのサービスを選択し、Disable をクリックします。
  • Deleting a service(サービスの削除) — 現在稼働していないいずれかのサービスを削除するには、削除したいサービスのチェックボックスをクリックしてそのサービスを選択し、Delete をクリックします。
  • Relocating a service(サービスの再配置) — 稼働中のサービスを再配置するには、サービス群ディスプレイ内でそのサービス名をクリックします。これにより、そのサービスのサービス設定ページが表示され、サービスが現在実行しているノードを示すディスプレイが表示されます。
    Start on node...(指定ノードで開始) ドロップダウンボックスから、サービスを再配置したいノードを選択して、Start アイコンをクリックします。画面上部にメッセージが表示され、サービスが起動していることを示します。選択したノード上でサービスが稼働していることを示す画面を確認するには、画面をリフレッシュする必要がある場合があります。

    注記

    選択した実行中のサービスが vm サービスの場合、ドロップダウンボックスは relocate オプションの代わりに migrate オプションを表示します。

注記

Services ページのサービス名をクリックしても個別のサービスを起動、再起動、無効化、あるいは削除することができます。これにより、サービス設定のページが表示されます。サービス設定ページの右上には、StartRestartDisable、及び Delete の同じアイコンがあります。