3.5. グローバルクラスタープロパティ

設定するクラスターを選択すると、クラスター固有のページが表示されます。このページには、クラスター単位でプロパティを設定できるインターフェースがあります。クラスター別のプロパティを設定するには、クラスター表示の上部にある Configure をクリックしてください。すると、インターフェースが GeneralFence DaemonNetworkRedundant RingQDiskLogging のようにタブに分けられます。これらのタブでパラメーターを設定するには、以下のセクションの手順に従います。パラメーター設定の必要がないタブがある場合は、そのタブのセクションは省略してください。

3.5.1. 全般プロパティの設定

General(全般) のタブをクリックすると General Properties(全般プロパティ) のページが表示され、設定バージョンを変更するためのインターフェースが表示されます。
  • Cluster Name(クラスター名) テキストボックスは、クラスター名を表示します。ここでは、クラスター名を変更することはできません。クラスター名を変更する唯一の方法は、新しい名前で新規にクラスター設定を作成することです。
  • Configuration Version(設定バージョン) の値は、クラスターの作成時に 1 にセットされており、クラスター設定を変更する度に自動的に増加します。ただし、別の値にセットする必要がある場合は、Configuration Version テキストボックスで指定できます。
Configuration Version の値を変更した場合は、Apply(適用) をクリックして変更を反映させます。