7.5. HA サービスの設定

HA (High Availability) サービスを設定するには、リソースを設定して、それらをサービスに割り当てます。
以下のセクションでは、リソースとサービスを追加するための /etc/cluster/cluster.conf を編集する方法を説明しています。

重要

High Availability のリソースとサービスを使用すると、設定が広範囲で可能になります。リソースパラメーターとリソース動作の理解を深めるためには、付録B HA リソースパラメーター 及び 付録C HA リソースの動作 を参照してください。使用している設定がサポート可能であることを確認し、最適なパフォーマンスを実現するには、Red Hat 認定サポート担当者に連絡してください。

7.5.1. クラスターリソースの追加

2 種類のリソースを設定できます:
  • Global(グローバル) — クラスター内のどのサービスにも利用可能なリソース。これらは、設定ファイル (rm 要素内) の resources セクションで設定されています。
  • Service-specific(サービス特有) — 1 つのサービスのみに利用可能なリソース。これらは、設定ファイル (rm 要素内) の各 service セクションで設定されています。
このセクションでは、グローバルリソースの追加方法を説明しています。サービス特有のリソースを設定する手順については、「クラスターへのクラスターサービスの追加」 を参照してください。
グローバルクラスターリソースを追加するには、このセクションの手順に従ってください。
  1. クラスター内のいずれかのノードで /etc/cluster/cluster.conf を開きます。
  2. rm 要素内に resources セクションを追加します。例えば:
    
        <rm>
            <resources>
    
            </resources>
        </rm>
    
    
  3. これに作成したいサービスに応じてリソースを入力します。例えば、Apache サービス内で使用したいリソースがあると想定します。それらがファイルシステム (fs) リソース、IP (ip) リソース、及び Apache (apache) リソースで構成されているとします。
    
        <rm>
            <resources>
               <fs name="web_fs" device="/dev/sdd2" mountpoint="/var/www" fstype="ext3"/>
               <ip address="127.143.131.100" monitor_link="yes" sleeptime="10"/>
               <apache config_file="conf/httpd.conf" name="example_server" server_root="/etc/httpd" shutdown_wait="0"/>
            </resources>
        </rm>
    
    
    例7.9「リソースが追加された cluster.conf ファイル」 では、resources セクションを追加した cluster.conf ファイルのサンプルを示しています。
  4. 値を増加することにより config_version 属性を更新します (例えば、config_version="2" から config_version="3" へ変更)。
  5. /etc/cluster/cluster.conf を保存します。
  6. (オプション) ccs_config_validate コマンドを実行して、クラスタースキーマ (cluster.rng) に対するファイルの妥当性を検証します。たとえば、
    [root@example-01 ~]# ccs_config_validate 
    Configuration validates
    
  7. cman_tool version -r コマンドを実行して、設定をクラスターノードの残り部分へ伝播します。
  8. 更新した設定ファイルが伝播されたことを確認します。

例7.9 リソースが追加された cluster.conf ファイル


<cluster name="mycluster" config_version="3">
   <clusternodes>
     <clusternode name="node-01.example.com" nodeid="1">
         <fence>
            <method name="APC">
              <device name="apc" port="1"/>
             </method>
         </fence>
     </clusternode>
     <clusternode name="node-02.example.com" nodeid="2">
         <fence>
            <method name="APC">
              <device name="apc" port="2"/>
            </method>
         </fence>
     </clusternode>
     <clusternode name="node-03.example.com" nodeid="3">
         <fence>
            <method name="APC">
              <device name="apc" port="3"/>
            </method>
         </fence>
     </clusternode>
   </clusternodes>
   <fencedevices>
         <fencedevice agent="fence_apc" ipaddr="apc_ip_example" login="login_example" name="apc" passwd="password_example"/>
   </fencedevices>
   <rm>
       <failoverdomains>
           <failoverdomain name="example_pri" nofailback="0" ordered="1" restricted="0">
               <failoverdomainnode name="node-01.example.com" priority="1"/>
               <failoverdomainnode name="node-02.example.com" priority="2"/>
               <failoverdomainnode name="node-03.example.com" priority="3"/>
           </failoverdomain>
       </failoverdomains>
       <resources>
           <fs name="web_fs" device="/dev/sdd2" mountpoint="/var/www" fstype="ext3"/>
           <ip address="127.143.131.100" monitor_link="yes" sleeptime="10"/>
           <apache config_file="conf/httpd.conf" name="example_server" server_root="/etc/httpd" shutdown_wait="0"/>
        </resources>

   </rm>
</cluster>