第10章 Red Hat High Availability アドオンを使用した SNMP の設定

Red Hat Enterprise Linux 6.1 リリース以降、Red Hat High Availability アドオンは SNMP トラップへのサポートを提供します。本章では、SNMP 用にシステムを設定する方法を説明した後に、Red Hat High Availability アドオンがクラスターイベントに送信するトラップについてまとめています。

10.1. SNMP と Red Hat High Availability アドオン

Red Hat High Availability アドオンの SNMP サブエージェントは foghorn で、SNMP トラップを送信します。foghorn サブエージェントは、AgentX プロトコルを介して snmpd デーモンと通信します。 foghorn サブエージェントは SNMP トラップを作成するだけで、getset など他の SNMP 動作はサポートしません。
現時点では、foghorn サブエージェントに config オプションはなく、ある特定のソケットを使用するための設定を行うことができません。デフォルトの AgentX ソケットのみが現在サポートされています。