8.3. 高可用性 (HA) サービスの管理

高可用性サービスを管理するには、Cluster Status Utility である clustatCluster User Service Administration Utility である clusvcadm を使用します。clustat はクラスターのステータスを表示し、clusvcadm は高可用性サービスを管理する手段を提供します。
このセクションでは、clustatclusvcadm コマンドを使用した HA サービスの管理についての基本情報を提供しています。以下のようなサブセクションで構成されています:

8.3.1. clustat を使用した HA サービスステータスの表示

clustat はクラスター全域のステータスを表示します。メンバーシップ情報、定足数表示、全ての高可用性サービスの状態を表示して、clustat コマンドが実行されているノード (ローカル) を示します。表8.1「サービスのステータス」 はサービスがなり得る状態と clustat を実行している時に表示される状態を説明しています。例8.3「clustat の表示」 は、clustat 表示の例を示しています。clustat コマンドの実行に関する詳細情報は、clustat の man ページを参照してください。

表8.1 サービスのステータス

サービスのステータス 説明
Started サービスリソースは設定されており、サービスを所有するクラスターシステム上で利用可能です。
Recovering サービスは別のノード上で開始待ちです。
Disabled サービスは無効になっており、割り当てられている所有者はいません。クラスターにより無効なサービスが自動的に再起動されることはありません。
Stopped 停止した状態で、サービスは、次のサービス又はノードの遷移後に起動するかどうか評価されます。これは一時的な状態です。この状態からサービスを無効/有効にすることができます。
Failed サービスは dead と判定されます。リソースの 停止 動作が失敗するとサービスは常にこの状態になります。サービスがこの状態になった後は、disable 要求を発行する前に、割り振られたリソース (例えば、マウント済みのファイルシステム) が存在しないことを確認しなければなりません。サービスがこの状態になった時に実行できる唯一の操作は disable です。
Uninitialized この状態はスタートアップと clustat -f の実行中に特定のケースで出現します。

例8.3 clustat の表示

[root@example-01 ~]#clustat
Cluster Status for mycluster @ Wed Nov 17 05:40:15 2010
Member Status: Quorate

 Member Name                             ID   Status
 ------ ----                             ---- ------
 node-03.example.com                         3 Online, rgmanager
 node-02.example.com                         2 Online, rgmanager
 node-01.example.com                         1 Online, Local, rgmanager

 Service Name                   Owner (Last)                   State         
 ------- ----                   ----- ------                   -----           
 service:example_apache         node-01.example.com            started       
 service:example_apache2        (none)                         disabled