Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

5.5. イベントシンク

イベントソースの作成時に、イベントがソースから送信されるシンクを指定できます。シンクは、他のリソースから受信イベントを受信できる、アドレス指定可能または呼び出し可能なリソースです。Knative サービス、チャネル、およびブローカーはすべてシンクのサンプルです。

アドレス指定可能なオブジェクトは、HTTP 経由で status.address.url フィールドに定義されるアドレスに配信されるイベントを受信し、確認することができます。特別な場合として、コア Kubernetes Service オブジェクトはアドレス指定可能なインターフェースにも対応します。

呼び出し可能なオブジェクトは、HTTP 経由で配信されるイベントを受信し、そのイベントを変換できます。HTTP 応答で 0 または 1 の新規イベントを返します。返されるイベントは、外部イベントソースからのイベントが処理されるのと同じ方法で処理できます。

5.5.1. Knative CLI シンクフラグ

Knative (kn) CLI を使用してイベントソースを作成する場合、--sink フラグを使用して、イベントがリソースから送信されるシンクを指定できます。シンクは、他のリソースから受信イベントを受信できる、アドレス指定可能または呼び出し可能な任意のリソースです。

以下の例では、サービスの http://event-display.svc.cluster.local をシンクとして使用するシンクバインディングを作成します。

シンクフラグを使用したコマンドの例

$ kn source binding create bind-heartbeat \
  --namespace sinkbinding-example \
  --subject "Job:batch/v1:app=heartbeat-cron" \
  --sink http://event-display.svc.cluster.local \ 1
  --ce-override "sink=bound"

1
http://event-display.svc.cluster.localsvc は、シンクが Knative サービスであることを判別します。他のデフォルトのシンクのプレフィックスには、channel および broker が含まれます。
ヒント

kn のカスタマイズ により、どの CR が Knative (kn) CLI コマンドの --sink フラグと併用できるかを設定できます。