Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

5.7. イベントソースおよびイベントソースタイプの一覧表示

OpenShift Container Platform クラスターに存在する、または使用可能なすべてのイベントソースやイベントソースタイプのリストを表示することができます。OpenShift Container Platform Web コンソールの Knative (kn) CLI または Developer パースペクティブを使用し、利用可能なイベントソースまたはイベントソースタイプを一覧表示できます。

5.7.1. Knative CLI の使用による利用可能なイベントソースタイプの一覧表示

Knative (kn) CLI を使用すると、クラスターで使用可能なイベントソースタイプを表示するための合理的で直感的なユーザーインターフェースが提供されます。kn source list-types CLI コマンドを使用して、クラスターで作成して使用できるイベントソースタイプを一覧表示できます。

前提条件

  • OpenShift Serverless Operator および Knative Eventing がクラスターにインストールされている。
  • Knative (kn) CLI をインストールしている。

手順

  1. ターミナルに利用可能なイベントソースタイプを一覧表示します。

    $ kn source list-types

    出力例

    TYPE              NAME                                            DESCRIPTION
    ApiServerSource   apiserversources.sources.knative.dev            Watch and send Kubernetes API events to a sink
    PingSource        pingsources.sources.knative.dev                 Periodically send ping events to a sink
    SinkBinding       sinkbindings.sources.knative.dev                Binding for connecting a PodSpecable to a sink

  2. オプション: 利用可能なイベントソースタイプを YAML 形式で一覧表示することもできます。

    $ kn source list-types -o yaml