Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

6.4. サービスメッシュと OpenShift Serverless の統合

OpenShift Serverless Operator は、Knative のデフォルト Ingress として Kourier を提供します。ただし、Kourier が有効であるかどうかにかかわらず、OpenShift Serverless でサービスメッシュを使用できます。Kourier を無効にして統合すると、mTLS 機能など、Kourier イングレスがサポートしない追加のネットワークおよびルーティングオプションを設定できます。

重要

OpenShift Serverless は、本書で明示的に文書化されている Red Hat OpenShift Service Mesh 機能の使用のみをサポートし、文書化されていない他の機能はサポートしません。

6.4.1. 前提条件

  • 以下の手順の例では、ドメイン example.com を使用しています。このドメインの証明書のサンプルは、サブドメイン証明書に署名する認証局 (CA) として使用されます。

    お使いのデプロイメントでこの手順を完了し、検証するには、一般に信頼されているパブリック CA によって署名された証明書、または組織が提供する CA のいずれかが必要です。コマンドの例は、ドメイン、サブドメイン、および CA に合わせて調整する必要があります。

  • ワイルドカード証明書を OpenShift Container Platform クラスターのドメインに一致するように設定する必要があります。たとえば、OpenShift Container Platform コンソールアドレスが https://console-openshift-console.apps.openshift.example.com の場合、ドメインが *.apps.openshift.example.com になるようにワイルドカード証明書を設定する必要があります。ワイルドカード証明書の設定に関する詳細は、着信外部トラフィックを暗号化する証明書の作成のトピックを参照してください。
  • デフォルトの OpenShift Container Platform クラスタードメインのサブドメインではないものを含むドメイン名を使用する必要がある場合は、これらのドメインのドメインマッピングを設定する必要があります。詳細は、OpenShift Serverless ドキュメントのカスタムドメインマッピングの作成を参照してください。