Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

4.4.2. Knative CLI オフラインモードについて

kn service コマンドを実行すると、変更が即座にクラスターに伝播されます。ただし、別の方法として、オフラインモードで kn service コマンドを実行できます。オフラインモードでサービスを作成すると、クラスター上で変更は発生せず、代わりにサービス記述子ファイルがローカルマシンに作成されます。

重要

Knative CLI のオフラインモードはテクノロジープレビュー機能としてのみご利用いただけます。テクノロジープレビュー機能は、Red Hat 製品のサービスレベルアグリーメント (SLA) の対象外であり、機能的に完全ではないことがあります。Red Hat は実稼働環境でこれらを使用することを推奨していません。これらの機能は、近々発表予定の製品機能をリリースに先駆けてご提供することにより、開発プロセスの中でお客様に機能性のテストとフィードバックをしていただくことを目的としています。

Red Hat のテクノロジープレビュー機能のサポート範囲に関する詳細は、https://access.redhat.com/ja/support/offerings/techpreview/ を参照してください。

記述子ファイルの作成後、手動で変更し、バージョン管理システムで追跡できます。記述子ファイルで kn service create -fkn service apply -f または oc apply -f コマンドを使用して変更をクラスターに伝播することもできます。

オフラインモードには、いくつかの用途があります。

  • 記述子ファイルを使用してクラスターで変更する前に、記述子ファイルを手動で変更できます。
  • バージョン管理システムでは、サービスの記述子ファイルをローカルで追跡できます。これにより、記述子ファイルを再利用できます。たとえば、継続的インテグレーション (CI) パイプライン、開発環境またはデモなどで、ターゲットクラスター以外の配置が可能になります。
  • 作成した記述子ファイルを検証して Knative サービスについて確認できます。特に、生成されるサービスが kn コマンドに渡されるさまざまな引数によってどのように影響するかを確認できます。

オフラインモードには、高速で、クラスターへの接続を必要としないという利点があります。ただし、オフラインモードではサーバー側の検証がありません。したがって、サービス名が一意であることや、指定のイメージをプルできることなどを確認できません。

4.4.2.1. オフラインモードを使用したサービスの作成

オフラインモードで kn service コマンドを実行すると、クラスター上で変更は発生せず、代わりにサービス記述子ファイルがローカルマシンに作成されます。記述子ファイルを作成した後、クラスターに変更を伝播する前にファイルを変更することができます。

重要

Knative CLI のオフラインモードはテクノロジープレビュー機能としてのみご利用いただけます。テクノロジープレビュー機能は、Red Hat 製品のサービスレベルアグリーメント (SLA) の対象外であり、機能的に完全ではないことがあります。Red Hat は実稼働環境でこれらを使用することを推奨していません。これらの機能は、近々発表予定の製品機能をリリースに先駆けてご提供することにより、開発プロセスの中でお客様に機能性のテストとフィードバックをしていただくことを目的としています。

Red Hat のテクノロジープレビュー機能のサポート範囲についての詳細は、https://access.redhat.com/ja/support/offerings/techpreview/ を参照してください。

前提条件

  • OpenShift Serverless Operator および Knative Serving がクラスターにインストールされていること。
  • Knative (kn) CLI をインストールしている。

手順

  1. オフラインモードでは、ローカルの Knative サービス記述子ファイルを作成します。

    $ kn service create event-display \
        --image quay.io/openshift-knative/knative-eventing-sources-event-display:latest \
        --target ./ \
        --namespace test

    出力例

    Service 'event-display' created in namespace 'test'.

    • --target ./ フラグはオフラインモードを有効にし、./ を新しいディレクトリーツリーを保存するディレクトリーとして指定します。

      既存のディレクトリーを指定せずに、--target my-service.yaml などのファイル名を使用すると、ディレクトリーツリーは作成されません。代わりに、サービス記述子ファイル my-service.yaml のみが現在のディレクトリーに作成されます。

      ファイル名には、.yaml.yml または .json 拡張子を使用できます。.json を選択すると、JSON 形式でサービス記述子ファイルが作成されます。

    • --namespace test オプションは、新規サービスを テスト namespace に配置します。

      --namespace を使用せずに、OpenShift クラスターにログインしている場合には、記述子ファイルが現在の namespace に作成されます。それ以外の場合は、記述子ファイルが default の namespace に作成されます。

  2. 作成したディレクトリー構造を確認します。

    $ tree ./

    出力例

    ./
    └── test
        └── ksvc
            └── event-display.yaml
    
    2 directories, 1 file

    • --target で指定する現在の ./ ディレクトリーには新しい test/ ディレクトリーが含まれます。このディレクトリーの名前は、指定の namespace をもとに付けられます。
    • test/ ディレクトリーには、リソースタイプの名前が付けられた ksvc ディレクトリーが含まれます。
    • ksvc ディレクトリーには、指定のサービス名に従って命名される記述子ファイル event-display.yaml が含まれます。
  3. 生成されたサービス記述子ファイルを確認します。

    $ cat test/ksvc/event-display.yaml

    出力例

    apiVersion: serving.knative.dev/v1
    kind: Service
    metadata:
      creationTimestamp: null
      name: event-display
      namespace: test
    spec:
      template:
        metadata:
          annotations:
            client.knative.dev/user-image: quay.io/openshift-knative/knative-eventing-sources-event-display:latest
          creationTimestamp: null
        spec:
          containers:
          - image: quay.io/openshift-knative/knative-eventing-sources-event-display:latest
            name: ""
            resources: {}
    status: {}

  4. 新しいサービスに関する情報を一覧表示します。

    $ kn service describe event-display --target ./ --namespace test

    出力例

    Name:       event-display
    Namespace:  test
    Age:
    URL:
    
    Revisions:
    
    Conditions:
      OK TYPE    AGE REASON

    • --target ./ オプションは、namespace サブディレクトリーを含むディレクトリー構造のルートディレクトリーを指定します。

      または、--target オプションで YAML または JSON ファイルを直接指定できます。使用可能なファイルの拡張子は、.yaml.yml、および .json です。

    • --namespace オプションは、namespace を指定し、この namespace は必要なサービス記述子ファイルを含むサブディレクトリーの kn と通信します。

      --namespace を使用せず、OpenShift クラスターにログインしている場合には、kn は現在の namespace をもとに名前が付けられたサブディレクトリーでサービスを検索します。それ以外の場合は、kndefault/ サブディレクトリーで検索します。

  5. サービス記述子ファイルを使用してクラスターでサービスを作成します。

    $ kn service create -f test/ksvc/event-display.yaml

    出力例

    Creating service 'event-display' in namespace 'test':
    
      0.058s The Route is still working to reflect the latest desired specification.
      0.098s ...
      0.168s Configuration "event-display" is waiting for a Revision to become ready.
     23.377s ...
     23.419s Ingress has not yet been reconciled.
     23.534s Waiting for load balancer to be ready
     23.723s Ready to serve.
    
    Service 'event-display' created to latest revision 'event-display-00001' is available at URL:
    http://event-display-test.apps.example.com