Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

4.5. Knative Eventing CLI コマンド

以下の Knative (kn) CLI コマンドを使用して、クラスター上で Knative Eventing タスクを実行できます。

4.5.1. kn source コマンド

以下のコマンドを使用して、Knative イベントソースを一覧表示、作成、および管理できます。

4.5.1.1. Knative CLI の使用による利用可能なイベントソースタイプの一覧表示

Knative (kn) CLI を使用すると、クラスターで使用可能なイベントソースタイプを表示するための合理的で直感的なユーザーインターフェイスが提供されます。kn source list-types CLI コマンドを使用して、クラスターで作成して使用できるイベントソースタイプを一覧表示できます。

前提条件

  • OpenShift Serverless Operator および Knative Eventing がクラスターにインストールされている。
  • Knative (kn) CLI をインストールしている。

手順

  1. ターミナルに利用可能なイベントソースタイプを一覧表示します。

    $ kn source list-types

    出力例

    TYPE              NAME                                            DESCRIPTION
    ApiServerSource   apiserversources.sources.knative.dev            Watch and send Kubernetes API events to a sink
    PingSource        pingsources.sources.knative.dev                 Periodically send ping events to a sink
    SinkBinding       sinkbindings.sources.knative.dev                Binding for connecting a PodSpecable to a sink

  2. オプション: 利用可能なイベントソースタイプを YAML 形式で一覧表示することもできます。

    $ kn source list-types -o yaml

4.5.1.2. Knative CLI シンクフラグ

Knative (kn) CLI を使用してイベントソースを作成する場合、--sink フラグを使用して、イベントがリソースから送信されるシンクを指定できます。シンクは、他のリソースから受信イベントを受信できる、アドレス指定可能または呼び出し可能な任意のリソースです。

以下の例では、サービスの http://event-display.svc.cluster.local をシンクとして使用するシンクバインディングを作成します。

シンクフラグを使用したコマンドの例

$ kn source binding create bind-heartbeat \
  --namespace sinkbinding-example \
  --subject "Job:batch/v1:app=heartbeat-cron" \
  --sink http://event-display.svc.cluster.local \ 1
  --ce-override "sink=bound"

1
http://event-display.svc.cluster.localsvc は、シンクが Knative サービスであることを判別します。他のデフォルトのシンクの接頭辞には、channel および broker が含まれます。

4.5.1.3. Knative CLI を使用したコンテナーソースの作成および管理

kn source container コマンドを使用し、Knative (kn) CLI を使用してコンテナーソースを作成および管理できます。イベントソースを作成するために Knative CLI を使用すると、YAML ファイルを直接修正するよりも合理的で直感的なユーザーインターフェイスが得られます。

コンテナーソースを作成します。

$ kn source container create <container_source_name> --image <image_uri> --sink <sink>

コンテナーソースの削除

$ kn source container delete <container_source_name>

コンテナーソースを記述します。

$ kn source container describe <container_source_name>

既存のコンテナーソースを一覧表示

$ kn source container list

既存のコンテナーソースを YAML 形式で一覧表示

$ kn source container list -o yaml

コンテナーソースを更新します。

このコマンドにより、既存のコンテナーソースのイメージ URI が更新されます。

$ kn source container update <container_source_name> --image <image_uri>

4.5.1.4. Knative CLI を使用した API サーバーソースの作成

kn source apiserver create コマンドを使用し、kn CLI を使用して API サーバーソースを作成できます。API サーバーソースを作成するために kn CLI を使用すると、YAML ファイルを直接修正するよりも合理的で直感的なユーザーインターフェイスが得られます。

前提条件

  • OpenShift Serverless Operator および Knative Eventing がクラスターにインストールされている。
  • OpenShift Container Platform でアプリケーションおよび他のワークロードを作成するために、プロジェクトを作成しているか、適切なロールおよびパーミッションを持つプロジェクトにアクセスできる。
  • OpenShift CLI (oc) がインストールされている。
  • Knative (kn) CLI をインストールしている。
手順

既存のサービスアカウントを再利用する必要がある場合には、既存の ServiceAccount リソースを変更して、新規リソースを作成せずに、必要なパーミッションを含めることができます。

  1. イベントソースのサービスアカウント、ロールおよびロールバインディングを YAML ファイルとして作成します。

    apiVersion: v1
    kind: ServiceAccount
    metadata:
      name: events-sa
      namespace: default 1
    
    ---
    apiVersion: rbac.authorization.k8s.io/v1
    kind: Role
    metadata:
      name: event-watcher
      namespace: default 2
    rules:
      - apiGroups:
          - ""
        resources:
          - events
        verbs:
          - get
          - list
          - watch
    
    ---
    apiVersion: rbac.authorization.k8s.io/v1
    kind: RoleBinding
    metadata:
      name: k8s-ra-event-watcher
      namespace: default 3
    roleRef:
      apiGroup: rbac.authorization.k8s.io
      kind: Role
      name: event-watcher
    subjects:
      - kind: ServiceAccount
        name: events-sa
        namespace: default 4
    1 2 3 4
    この namespace を、イベントソースのインストールに選択した namespace に変更します。
  2. YAML ファイルを適用します。

    $ oc apply -f <filename>
  3. イベントシンクを持つ API サーバーソースを作成します。次の例では、シンクはブローカーです。

    $ kn source apiserver create <event_source_name> --sink broker:<broker_name> --resource "event:v1" --service-account <service_account_name> --mode Resource
  4. API サーバーソースが正しく設定されていることを確認するには、受信メッセージをログにダンプする Knative サービスを作成します。

    $ kn service create <service_name> --image quay.io/openshift-knative/knative-eventing-sources-event-display:latest
  5. ブローカーをイベントシンクとして使用した場合は、トリガーを作成して、default のブローカーからサービスへのイベントをフィルターリングします。

    $ kn trigger create <trigger_name> --sink ksvc:<service_name>
  6. デフォルト namespace で Pod を起動してイベントを作成します。

    $ oc create deployment hello-node --image quay.io/openshift-knative/knative-eventing-sources-event-display:latest
  7. 以下のコマンドを入力し、生成される出力を検査して、コントローラーが正しくマップされていることを確認します。

    $ kn source apiserver describe <source_name>

    出力例

    Name:                mysource
    Namespace:           default
    Annotations:         sources.knative.dev/creator=developer, sources.knative.dev/lastModifier=developer
    Age:                 3m
    ServiceAccountName:  events-sa
    Mode:                Resource
    Sink:
      Name:       default
      Namespace:  default
      Kind:       Broker (eventing.knative.dev/v1)
    Resources:
      Kind:        event (v1)
      Controller:  false
    Conditions:
      OK TYPE                     AGE REASON
      ++ Ready                     3m
      ++ Deployed                  3m
      ++ SinkProvided              3m
      ++ SufficientPermissions     3m
      ++ EventTypesProvided        3m

検証

メッセージダンパー機能ログを確認して、Kubernetes イベントが Knative に送信されていることを確認できます。

  1. Pod を取得します。

    $ oc get pods
  2. Pod のメッセージダンパー機能ログを表示します。

    $ oc logs $(oc get pod -o name | grep event-display) -c user-container

    出力例

    ☁️  cloudevents.Event
    Validation: valid
    Context Attributes,
      specversion: 1.0
      type: dev.knative.apiserver.resource.update
      datacontenttype: application/json
      ...
    Data,
      {
        "apiVersion": "v1",
        "involvedObject": {
          "apiVersion": "v1",
          "fieldPath": "spec.containers{hello-node}",
          "kind": "Pod",
          "name": "hello-node",
          "namespace": "default",
           .....
        },
        "kind": "Event",
        "message": "Started container",
        "metadata": {
          "name": "hello-node.159d7608e3a3572c",
          "namespace": "default",
          ....
        },
        "reason": "Started",
        ...
      }

API サーバーソースの削除

  1. トリガーを削除します。

    $ kn trigger delete <trigger_name>
  2. イベントソースを削除します。

    $ kn source apiserver delete <source_name>
  3. サービスアカウント、クラスターロール、およびクラスターバインディングを削除します。

    $ oc delete -f authentication.yaml

4.5.1.5. Knative CLI を使用した ping ソースの作成

kn source ping create コマンドを使用し、Knative (kn) CLI を使用して ping ソースを作成できます。イベントソースを作成するために Knative CLI を使用すると、YAML ファイルを直接修正するよりも合理的で直感的なユーザーインターフェイスが得られます。

前提条件

  • OpenShift Serverless Operator、Knative Serving、および Knative Eventing がクラスターにインストールされている。
  • Knative (kn) CLI をインストールしている。
  • OpenShift Container Platform でアプリケーションおよび他のワークロードを作成するために、プロジェクトを作成しているか、適切なロールおよびパーミッションを持つプロジェクトにアクセスできる。
  • オプション: この手順の検証手順を使用する場合は、OpenShift CLI (oc) をインストールします。

手順

  1. ping ソースが機能していることを確認するには、受信メッセージをサービスのログにダンプする単純な Knative サービスを作成します。

    $ kn service create event-display \
        --image quay.io/openshift-knative/knative-eventing-sources-event-display:latest
  2. 要求する必要のある ping イベントのセットごとに、PingSource をイベントコンシューマーと同じ namespace に作成します。

    $ kn source ping create test-ping-source \
        --schedule "*/2 * * * *" \
        --data '{"message": "Hello world!"}' \
        --sink ksvc:event-display
  3. 以下のコマンドを入力し、出力を検査して、コントローラーが正しくマップされていることを確認します。

    $ kn source ping describe test-ping-source

    出力例

    Name:         test-ping-source
    Namespace:    default
    Annotations:  sources.knative.dev/creator=developer, sources.knative.dev/lastModifier=developer
    Age:          15s
    Schedule:     */2 * * * *
    Data:         {"message": "Hello world!"}
    
    Sink:
      Name:       event-display
      Namespace:  default
      Resource:   Service (serving.knative.dev/v1)
    
    Conditions:
      OK TYPE                 AGE REASON
      ++ Ready                 8s
      ++ Deployed              8s
      ++ SinkProvided         15s
      ++ ValidSchedule        15s
      ++ EventTypeProvided    15s
      ++ ResourcesCorrect     15s

検証

シンク Pod のログを確認して、Kubernetes イベントが Knative イベントに送信されていることを確認できます。

デフォルトで、Knative サービスは、トラフィックが 60 秒以内に受信されない場合に Pod を終了します。本書の例では、新たに作成される Pod で各メッセージが確認されるように 2 分ごとにメッセージを送信する ping ソースを作成します。

  1. 作成された新規 Pod を監視します。

    $ watch oc get pods
  2. Ctrl+C を使用して Pod の監視をキャンセルし、作成された Pod のログを確認します。

    $ oc logs $(oc get pod -o name | grep event-display) -c user-container

    出力例

    ☁️  cloudevents.Event
    Validation: valid
    Context Attributes,
      specversion: 1.0
      type: dev.knative.sources.ping
      source: /apis/v1/namespaces/default/pingsources/test-ping-source
      id: 99e4f4f6-08ff-4bff-acf1-47f61ded68c9
      time: 2020-04-07T16:16:00.000601161Z
      datacontenttype: application/json
    Data,
      {
        "message": "Hello world!"
      }

ping ソースの削除

  • ping ソースを削除します。

    $ kn delete pingsources.sources.knative.dev <ping_source_name>

4.5.1.6. Knative CLI を使用した Kafka イベントソースの作成

kn source kafka create コマンドを使用し、Knative (kn) CLI を使用して Kafka ソースを作成できます。イベントソースを作成するために Knative CLI を使用すると、YAML ファイルを直接修正するよりも合理的で直感的なユーザーインターフェイスが得られます。

前提条件

  • OpenShift Serverless Operator、Knative Eventing、Knative Serving、および KnativeKafka カスタムリソース (CR) がクラスターにインストールされている。
  • OpenShift Container Platform でアプリケーションおよび他のワークロードを作成するために、プロジェクトを作成しているか、適切なロールおよびパーミッションを持つプロジェクトにアクセスできる。
  • インポートする Kafka メッセージを生成する Red Hat AMQ Streams (Kafka) クラスターにアクセスできる。
  • Knative (kn) CLI をインストールしている。
  • オプション: この手順で検証ステップを使用する場合は、OpenShift CLI (oc) をインストールします。

手順

  1. Kafka イベントソースが機能していることを確認するには、受信メッセージをサービスのログにダンプする Knative サービスを作成します。

    $ kn service create event-display \
        --image quay.io/openshift-knative/knative-eventing-sources-event-display
  2. KafkaSource CR を作成します。

    $ kn source kafka create <kafka_source_name> \
        --servers <cluster_kafka_bootstrap>.kafka.svc:9092 \
        --topics <topic_name> --consumergroup my-consumer-group \
        --sink event-display
    注記

    このコマンドのプレースホルダー値は、ソース名、ブートストラップサーバー、およびトピックの値に置き換えます。

    --servers--topics、および --consumergroup オプションは、Kafka クラスターへの接続パラメーターを指定します。--consumergroup オプションは任意です。

  3. オプション: 作成した KafkaSource CR の詳細を表示します。

    $ kn source kafka describe <kafka_source_name>

    出力例

    Name:              example-kafka-source
    Namespace:         kafka
    Age:               1h
    BootstrapServers:  example-cluster-kafka-bootstrap.kafka.svc:9092
    Topics:            example-topic
    ConsumerGroup:     example-consumer-group
    
    Sink:
      Name:       event-display
      Namespace:  default
      Resource:   Service (serving.knative.dev/v1)
    
    Conditions:
      OK TYPE            AGE REASON
      ++ Ready            1h
      ++ Deployed         1h
      ++ SinkProvided     1h

検証手順

  1. Kafka インスタンスをトリガーし、メッセージをトピックに送信します。

    $ oc -n kafka run kafka-producer \
        -ti --image=quay.io/strimzi/kafka:latest-kafka-2.7.0 --rm=true \
        --restart=Never -- bin/kafka-console-producer.sh \
        --broker-list <cluster_kafka_bootstrap>:9092 --topic my-topic

    プロンプトにメッセージを入力します。このコマンドは、以下を前提とします。

    • Kafka クラスターが kafka namespace にインストールされている。
    • KafkaSource オブジェクトは、my-topic トピックを使用するように設定されている。
  2. ログを表示して、メッセージが到達していることを確認します。

    $ oc logs $(oc get pod -o name | grep event-display) -c user-container

    出力例

    ☁️  cloudevents.Event
    Validation: valid
    Context Attributes,
      specversion: 1.0
      type: dev.knative.kafka.event
      source: /apis/v1/namespaces/default/kafkasources/example-kafka-source#example-topic
      subject: partition:46#0
      id: partition:46/offset:0
      time: 2021-03-10T11:21:49.4Z
    Extensions,
      traceparent: 00-161ff3815727d8755848ec01c866d1cd-7ff3916c44334678-00
    Data,
      Hello!