Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

4.6. 関数コマンド

4.6.1. 関数の作成

関数をビルドし、デプロイする前に、Knative (kn) CLI を使用して関数を作成する必要があります。コマンドラインでパス、ランタイム、テンプレート、およびイメージレジストリーをフラグとして指定するか、-c フラグを使用してターミナルで対話型エクスペリエンスを開始できます。

前提条件

  • OpenShift Serverless Operator および Knative Serving がクラスターにインストールされている。
  • Knative (kn) CLI をインストールしている。

手順

  • 関数プロジェクトを作成します。

    $ kn func create -r <repository> -l <runtime> -t <template> <path>
    • 受け入れられるランタイム値には、nodegopythonquarkus、および typescript が含まれます。
    • 受け入れられるテンプレート値には、httpevents が含まれます。

      コマンドの例

      $ kn func create -l typescript -t events examplefunc

      出力例

      Project path:  /home/user/demo/examplefunc
      Function name: examplefunc
      Runtime:       typescript
      Template:      events
      Writing events to /home/user/demo/examplefunc

    • または、カスタムテンプレートを含むリポジトリーを指定することもできます。

      コマンドの例

      $ kn func create -r https://github.com/boson-project/templates/ -l node -t hello-world examplefunc

      出力例

      Project path:  /home/user/demo/examplefunc
      Function name: examplefunc
      Runtime:       node
      Template:      hello-world
      Writing events to /home/user/demo/examplefunc