Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

7.2.4. サービスのメトリックの検証

メトリクスとモニタリングスタックをエクスポートするようにアプリケーションを設定したら、Web コンソールでメトリクスを検査できます。

前提条件

  • OpenShift Container Platform Web コンソールにログインしている。
  • OpenShift Serverless Operator および Knative Serving がインストールされていること。

手順

  1. オプション: メトリクスに表示できるアプリケーションに対する要求を実行します。

    $ hello_route=$(oc get ksvc helloworld-go -n ns1 -o jsonpath='{.status.url}') && \
        curl $hello_route

    出力例

    Hello Go Sample v1!

  2. Web コンソールで、MonitoringMetrics インターフェースに移動します。
  3. 入力フィールドに、監視するメトリクスのクエリーを入力します。以下に例を示します。

    revision_app_request_count{namespace="ns1", job="helloworld-go-sm"}

    別の例:

    myapp_processed_ops_total{namespace="ns1", job="helloworld-go-sm"}
  4. 可視化されたメトリクスを確認します。

    Observing metrics of a service
    Observing metrics of a service

7.2.4.1. キュープロキシーメトリクス

各 Knative サービスには、アプリケーションコンテナーへの接続をプロキシーするプロキシーコンテナーがあります。キュープロキシーのパフォーマンスについて多くのメトリクスが報告されます。

以下のメトリクスを使用して、要求がプロキシー側でキューに入れられているかどうか、およびアプリケーション側で要求を処理する際の実際の遅延を測定できます。

メトリクス名説明タイプタグ単位

revision_request_count

queue-proxy Pod にルーティングされる要求の数。

カウンター

configuration_namecontainer_namenamespace_namepod_nameresponse_coderesponse_code_classrevision_nameservice_name

整数 (単位なし)

revision_request_latencies

リビジョン要求の応答時間。

ヒストグラム

configuration_namecontainer_namenamespace_namepod_nameresponse_coderesponse_code_classrevision_nameservice_name

ミリ秒

revision_app_request_count

user-container Pod にルーティングされる要求の数。

カウンター

configuration_namecontainer_namenamespace_namepod_nameresponse_coderesponse_code_classrevision_nameservice_name

整数 (単位なし)

revision_app_request_latencies

リビジョンアプリケーション要求の応答時間。

ヒストグラム

configuration_namenamespace_namepod_nameresponse_coderesponse_code_classrevision_nameservice_name

ミリ秒

revision_queue_depth

serving および waiting キューの現在の項目数。無制限の同時実行が設定されている場合には、このメトリクスは報告されません。

ゲージ

configuration_nameevent-displaycontainer_namenamespace_namepod_nameresponse_code_classrevision_nameservice_name

整数 (単位なし)