Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

11.2.3. 機能をローカルで実行する

kn func run コマンドを使用して、現在のディレクトリーまたは --path フラグで指定されたディレクトリーで機能をローカルに実行できます。実行している関数が以前にビルドされたことがない場合、またはプロジェクトファイルが最後にビルドされてから変更されている場合、kn func run コマンドは、既定で関数を実行する前に関数をビルドします。

現在のディレクトリーで機能を実行するコマンドの例

$ kn func run

パスとして指定されたディレクトリーで機能を実行するコマンドの例

$ kn func run --path=<directory_path>

--build フラグを使用して、プロジェクトファイルに変更がなくても、機能を実行する前に既存のイメージを強制的に再構築することもできます。

ビルドフラグを使用した実行コマンドの例

$ kn func run --build

ビルド フラグを false に設定すると、イメージのビルドが無効になり、以前にビルドされたイメージを使用して機能が実行されます。

ビルドフラグを使用した実行コマンドの例

$ kn func run --build=false

help コマンドを使用して、kn func run コマンドオプションの詳細を確認できます。

help コマンドの構築

$ kn func help run