Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

5.9.2. Knative CLI を使用した ping ソースの作成

kn source ping create コマンドを使用し、Knative (kn) CLI を使用して ping ソースを作成できます。イベントソースを作成するために Knative CLI を使用すると、YAML ファイルを直接修正するよりも合理的で直感的なユーザーインターフェイスが得られます。

前提条件

  • OpenShift Serverless Operator、Knative Serving、および Knative Eventing がクラスターにインストールされている。
  • Knative (kn) CLI をインストールしている。
  • OpenShift Container Platform でアプリケーションおよび他のワークロードを作成するために、プロジェクトを作成しているか、適切なロールおよびパーミッションを持つプロジェクトにアクセスできる。
  • オプション: この手順の検証手順を使用する場合は、OpenShift (oc) CLI をインストールします。

手順

  1. ping ソースが機能していることを確認するには、受信メッセージをサービスのログにダンプする単純な Knative サービスを作成します。

    $ kn service create event-display \
        --image quay.io/openshift-knative/knative-eventing-sources-event-display:latest
  2. 要求する必要のある ping イベントのセットごとに、PingSource をイベントコンシューマーと同じ namespace に作成します。

    $ kn source ping create test-ping-source \
        --schedule "*/2 * * * *" \
        --data '{"message": "Hello world!"}' \
        --sink ksvc:event-display
  3. 以下のコマンドを入力し、出力を検査して、コントローラーが正しくマップされていることを確認します。

    $ kn source ping describe test-ping-source

    出力例

    Name:         test-ping-source
    Namespace:    default
    Annotations:  sources.knative.dev/creator=developer, sources.knative.dev/lastModifier=developer
    Age:          15s
    Schedule:     */2 * * * *
    Data:         {"message": "Hello world!"}
    
    Sink:
      Name:       event-display
      Namespace:  default
      Resource:   Service (serving.knative.dev/v1)
    
    Conditions:
      OK TYPE                 AGE REASON
      ++ Ready                 8s
      ++ Deployed              8s
      ++ SinkProvided         15s
      ++ ValidSchedule        15s
      ++ EventTypeProvided    15s
      ++ ResourcesCorrect     15s

検証

シンク Pod のログを確認して、Kubernetes イベントが Knative イベントに送信されていることを確認できます。

デフォルトで、Knative サービスは、トラフィックが 60 秒以内に受信されない場合に Pod を終了します。本書の例では、新たに作成される Pod で各メッセージが確認されるように 2 分ごとにメッセージを送信する ping ソースを作成します。

  1. 作成された新規 Pod を監視します。

    $ watch oc get pods
  2. Ctrl+C を使用して Pod の監視をキャンセルし、作成された Pod のログを確認します。

    $ oc logs $(oc get pod -o name | grep event-display) -c user-container

    出力例

    ☁️  cloudevents.Event
    Validation: valid
    Context Attributes,
      specversion: 1.0
      type: dev.knative.sources.ping
      source: /apis/v1/namespaces/default/pingsources/test-ping-source
      id: 99e4f4f6-08ff-4bff-acf1-47f61ded68c9
      time: 2020-04-07T16:16:00.000601161Z
      datacontenttype: application/json
    Data,
      {
        "message": "Hello world!"
      }

ping ソースの削除

  • ping ソースを削除します。

    $ kn delete pingsources.sources.knative.dev <ping_source_name>

5.9.2.1. Knative CLI シンクフラグ

Knative (kn) CLI を使用してイベントソースを作成する場合、--sink フラグを使用して、イベントがリソースから送信されるシンクを指定できます。シンクは、他のリソースから受信イベントを受信できる、アドレス指定可能または呼び出し可能な任意のリソースです。

以下の例では、サービスの http://event-display.svc.cluster.local をシンクとして使用するシンクバインディングを作成します。

シンクフラグを使用したコマンドの例

$ kn source binding create bind-heartbeat \
  --namespace sinkbinding-example \
  --subject "Job:batch/v1:app=heartbeat-cron" \
  --sink http://event-display.svc.cluster.local \ 1
  --ce-override "sink=bound"

1
http://event-display.svc.cluster.localsvc は、シンクが Knative サービスであることを判別します。他のデフォルトのシンクのプレフィックスには、channel および broker が含まれます。