Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

5.3. トラフィック管理

Knative アプリケーションでは、トラフィック分割を作成することでトラフィックを管理できます。トラフィック分割は、Knative サービスによって管理されるルートの一部として設定されます。

Traffic management for a Knative application

ルートを設定すると、サービスのさまざまなリビジョンにリクエストを送信できます。このルーティングは、Service オブジェクトの traffic 仕様によって決定されます。

traffic 仕様宣言は、1 つ以上のリビジョンで設定され、それぞれがトラフィック全体の一部を処理する責任があります。各リビジョンにルーティングされるトラフィックの割合は、合計で 100% になる必要があります。これは、Knative 検証によって保証されます。

traffic 仕様で指定されたリビジョンは、固定の名前付きリビジョンにすることも、サービスのすべてのリビジョンのリストの先頭を追跡する最新のリビジョンを指すこともできます。最新のリビジョンは、新しいリビジョンが作成された場合に更新される一種のフローティング参照です。各リビジョンには、そのリビジョンの追加のアクセス URL を作成するタグを付けることができます。

traffic 仕様は次の方法で変更できます。

  • Service オブジェクトの YAML を直接編集します。
  • Knative (kn) CLI --traffic フラグを使用します。
  • OpenShift Container Platform Web コンソールの使用

Knative サービスの作成時に、デフォルトの traffic 仕様設定は含まれません。

5.3.1. トラフィックスペックの例

以下の例は、トラフィックの 100% がサービスの最新リビジョンにルーティングされる traffic 仕様を示しています。status では、latestRevision が解決する最新リビジョンの名前を確認できます。

apiVersion: serving.knative.dev/v1
kind: Service
metadata:
  name: example-service
  namespace: default
spec:
...
  traffic:
  - latestRevision: true
    percent: 100
status:
  ...
  traffic:
  - percent: 100
    revisionName: example-service

以下の例は、トラフィックの 100% が current としてタグ付けされたリビジョンにルーティングされ、そのリビジョンの名前が example-service として指定される traffic 仕様を示しています。latest とタグ付けされたリビジョンは、トラフィックが宛先にルーティングされない場合でも、利用可能な状態になります。

apiVersion: serving.knative.dev/v1
kind: Service
metadata:
  name: example-service
  namespace: default
spec:
...
  traffic:
  - tag: current
    revisionName: example-service
    percent: 100
  - tag: latest
    latestRevision: true
    percent: 0

以下の例は、トラフィックが複数のリビジョン間で分割されるように、traffic 仕様のリビジョンの一覧を拡張する方法を示しています。この例では、トラフィックの 50% を、current としてタグ付けされたリビジョンに送信します。また、candidate としてタグ付けされたリビジョンにトラフィックの 50% を送信します。latest とタグ付けされたリビジョンは、トラフィックが宛先にルーティングされない場合でも、利用可能な状態になります。

apiVersion: serving.knative.dev/v1
kind: Service
metadata:
  name: example-service
  namespace: default
spec:
...
  traffic:
  - tag: current
    revisionName: example-service-1
    percent: 50
  - tag: candidate
    revisionName: example-service-2
    percent: 50
  - tag: latest
    latestRevision: true
    percent: 0