Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

5.12. サブスクリプションの作成および管理

チャネルとイベントシンクを作成したら、サブスクリプションを作成してイベント配信を有効にすることができます。サブスクリプションは、イベントを配信するチャネルとシンク (サブスクライバーとも呼ばれます) を指定する Subscription オブジェクトを設定することによって作成されます。

5.12.1. Web コンソールを使用したサブスクリプションの作成

チャネルとイベントシンクを作成したら、サブスクリプションを作成してイベント配信を有効にすることができます。OpenShift Container Platform Web コンソールを使用すると、サブスクリプションを作成するための合理的で直感的なユーザーインターフェースが提供されます。

前提条件

  • OpenShift Serverless Operator、Knative Serving、および Knative Eventing が OpenShift Container Platform クラスターにインストールされている。
  • Web コンソールにログインしている。
  • Knative サービスおよびチャネルなどのイベントシンクを作成している。
  • OpenShift Container Platform でアプリケーションおよび他のワークロードを作成するために、プロジェクトを作成しているか、適切なロールおよびパーミッションを持つプロジェクトにアクセスできる。

手順

  1. Developer パースペクティブで、Topology ページに移動します。
  2. 以下の方法のいずれかを使用してサブスクリプションを作成します。

    1. サブスクリプションを作成するチャネルにカーソルを合わせ、矢印をドラッグします。Add Subscription オプションが表示されます。

      Create a subscription for the channel
      1. Subscriber 一覧でシンクを選択します。
      2. Add をクリックします。
    2. このサービスが、チャネルと同じ namespace またはプロジェクトにある Topology ビューで利用可能な場合は、サブスクリプションを作成するチャネルをクリックし、矢印をサービスに直接ドラッグして、チャネルからそのサービスにサブスクリプションを即時に作成します。

検証

  • サブスクリプションの作成後に、これを Topology ビューでチャネルをサービスに接続する行として表示できます。

    Subscription in the Topology view