Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

1.14. Red Hat OpenShift Serverless 1.14.0 のリリースノート

OpenShift Serverless 1.14.0 が公開されました。以下では、OpenShift Container Platform 上のOpenShift Serverless に関連する新機能、変更点および既知の問題について説明します。

1.14.1. 新機能

  • OpenShift Serverless は Knative Serving 0.20.0 を使用するようになりました。
  • OpenShift Serverless は Knative Eventing 0.20.0 を使用しています。
  • OpenShift Serverless は Kourier 0.20.0 を使用するようになりました。
  • OpenShift Serverless は Knative kn CLI 0.20.0 を使用するようになりました。
  • OpenShift Serverless は Knative Kafka 0.20.0 を使用するようになりました。
  • OpenShift Serverless での Knative Kafka は一般に利用可能 (GA) になりました。

    重要

    OpenShift Serverless の KafkaChannel および KafkaSource オブジェクトの API の v1beta1 バージョンのみがサポートされます。非推奨となった v1alpha1 バージョンの API は使用しないでください。

  • OpenShift Serverless のインストールおよびアップグレード用の Operator チャネルが OpenShift Container Platform 4.6 以降のバージョンで stable に更新されました。
  • OpenShift Serverless は、IBM Power Systems、IBM Z、および LinuxONE でサポートされるようになりましたが、以下の機能はまだサポートされていません。

    • Knative Kafka の機能。
    • OpenShift Serverless 機能の developer プレビュー。