Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

第12章 統合

12.1. サーバーレスと Cost Management Service の統合

Cost Management は OpenShift Container Platform のサービスで、クラウドおよびコンテナーのコストをより正確に把握し、追跡することができます。これは、オープンソースの Koku プロジェクトに基づいています。

12.1.1. 前提条件

12.1.2. コスト管理クエリーにラベルを使用する

コスト管理では タグ とも呼ばれるラベルは、ノード、名前空間、または Pod に適用できます。各ラベルはキーと値のペアです。複数のラベルを組み合わせてレポートを生成できます。Red Hat ハイブリッドコンソール を使用して、コストに関するレポートにアクセスできます。

ラベルは、ノードから namespace に、namespace から Pod に継承されます。ただし、ラベルがリソースに既に存在する場合、ラベルはオーバーライドされません。たとえば、Knative サービスにはデフォルトの app=<revision_name> ラベルがあります。

例 Knative サービスのデフォルトラベル

apiVersion: serving.knative.dev/v1
kind: Service
metadata:
  name: example-service
spec:
...
      labels:
        app: <revision_name>
...

app=my-domain の ように namespace のラベルを定義した場合、app=my-domain タグを使用してアプリケーションに問い合わせたときに、app=<revision_name> タグの Knative サービスから生じるコストは Cost Management Service では考慮されません。このタグを持つ Knative サービスのコストは、app=<revision_name> タグの下で照会する必要があります。

12.1.3. 関連情報