Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

2.4. ブローカー

ブローカーはトリガーと組み合わせて、イベントをイベントソースからイベントシンクに配信できます。イベントは、HTTP POST リクエストとしてイベントソースからブローカーに送信されます。イベントがブローカーに送信された後に、それらはトリガーを使用して CloudEvent 属性 でフィルターされ、HTTP POST リクエストとしてイベントシンクに送信できます。

Broker event delivery overview

2.4.1. ブローカータイプ

クラスター管理者は、クラスターのデフォルトブローカー実装を設定できます。ブローカーを作成する場合、Broker オブジェクトで設定を指定しない限り、デフォルトのブローカー実装が使用されます。

2.4.1.1. 開発目的でのデフォルトブローカーの実装

Knative は、デフォルトのチャネルベースのブローカー実装を提供します。このチャネルベースのブローカーは、開発およびテストの目的で使用できますが、実稼働環境での適切なイベント配信の保証は提供しません。デフォルトのブローカーは、デフォルトで InMemoryChannel チャネル実装によってサポートされています。

Kafka を使用してネットワークホップを削減する場合は、Kafka ブローカーの実装を使用します。チャネルベースのブローカーが KafkaChannel チャネル実装によってサポートされるように設定しないでください。

2.4.1.2. 実稼働環境対応の Kafka ブローカーの実装

実稼働環境に対応した Knative Eventing デプロイメントの場合、Red Hat は Knative Kafka ブローカーの実装を使用することをお勧めします。Kafka ブローカーは、Knative ブローカーの Apache Kafka ネイティブ実装であり、CloudEvents を Kafka インスタンスに直接送信します。

重要

Kafka ブローカーの連邦情報処理標準 (FIPS) モードが無効になっています。

Kafka ブローカーは、イベントの保存とルーティングのために Kafka とネイティブに統合されています。これにより、他のブローカータイプよりもブローカーとトリガーモデルの Kafka との統合性が向上し、ネットワークホップを削減することができます。Kafka ブローカー実装のその他の利点は次のとおりです。

  • 少なくとも 1 回の配信保証
  • CloudEvents パーティショニング拡張機能に基づくイベントの順序付き配信
  • コントロールプレーンの高可用性
  • 水平方向にスケーラブルなデータプレーン

Knative Kafka ブローカーは、バイナリーコンテンツモードを使用して、受信 CloudEvents を Kafka レコードとして保存します。これは、CloudEvent のすべての属性と拡張機能が Kafka レコードのヘッダーとしてマップされ、CloudEvent の data 仕様が Kafka レコードの値に対応することを意味します。