Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

5.4. Routing

Knative は OpenShift Container Platform TLS 終端を使用して Knative サービスのルーティングを提供します。Knative サービスが作成されると、OpenShift Container Platform ルートがサービス用に自動的に作成されます。このルートは OpenShift Serverless Operator によって管理されます。OpenShift Container Platform ルートは、OpenShift Container Platform クラスターと同じドメインで Knative サービスを公開します。

OpenShift Container Platform ルーティングの Operator 制御を無効にすることで、Knative ルートを TLS 証明書を直接使用するように設定できます。

Knative ルートは OpenShift Container Platform ルートと共に使用し、トラフィック分割などの詳細なルーティング機能を提供します。

5.4.1. OpenShift Container Platform ルートのラベルおよびアノテーションのカスタマイズ

OpenShift Container Platform ルートは、Knative サービスの metadata 仕様を変更して設定できるカスタムラベルおよびアノテーションの使用をサポートします。カスタムラベルおよびアノテーションはサービスから Knative ルートに伝番され、次に Knative ingress に、最後に OpenShift Container Platform ルートに伝播されます。

前提条件

  • OpenShift Serverless Operator および Knative Serving が OpenShift Container Platform クラスターにインストールされている必要があります。
  • OpenShift CLI (oc) をインストールしている。

手順

  1. OpenShift Container Platform ルートに伝播するラベルまたはアノテーションが含まれる Knative サービスを作成します。

    • YAML を使用してサービスを作成するには、以下を実行します。

      YAML を使用して作成されるサービスの例

      apiVersion: serving.knative.dev/v1
      kind: Service
      metadata:
        name: <service_name>
        labels:
          <label_name>: <label_value>
        annotations:
          <annotation_name>: <annotation_value>
      ...

    • Knative (kn) CLI を使用してサービスを作成するには、次のように入力します。

      kn コマンドを使用して作成されるサービスの例

      $ kn service create <service_name> \
        --image=<image> \
        --annotation <annotation_name>=<annotation_value> \
        --label <label_value>=<label_value>

  2. 以下のコマンドからの出力を検査して、OpenShift Container Platform ルートが追加したアノテーションまたはラベルで作成されていることを確認します。

    検証のコマンドの例

    $ oc get routes.route.openshift.io \
         -l serving.knative.openshift.io/ingressName=<service_name> \ 1
         -l serving.knative.openshift.io/ingressNamespace=<service_namespace> \ 2
         -n knative-serving-ingress -o yaml \
             | grep -e "<label_name>: \"<label_value>\""  -e "<annotation_name>: <annotation_value>" 3

    1
    サービスの名前を使用します。
    2
    サービスが作成された namespace を使用します。
    3
    ラベルおよびアノテーション名および値の値を使用します。