Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

5.15. Knative Kafka の使用

Knative Kafka は、OpenShift Serverless でサポートされているバージョンの Apache Kafka メッセージストリーミングプラットフォームを使用する統合オプションを提供します。Kafka は、イベントソース、チャネル、ブローカー、およびイベントシンク機能のオプションを提供します。

Knative Kafka 機能は、クラスター管理者が KnativeKafka カスタムリソースをインストールしている場合に、OpenShift Serverless インストールで利用できます。

注記

現時点で、Knative Kafka は IBM Z および IBM Power Systems ではサポートされていません。

Knative Kafka は、以下のような追加オプションを提供します。

  • Kafka ソース
  • Kafka チャネル
  • Kafka ブローカー (テクノロジープレビュー)
  • Kafka シンク (テクノロジープレビュー)

5.15.1. Kafka イベント配信およびリトライ

イベント駆動型のアーキテクチャーで Kafka コンポーネントを使用すると、「最低でも 1 度」のイベント配信が提供されます。これは、戻りコード値を受け取るまで操作がリトライされることを意味します。これにより、失われたイベントに対してアプリケーションの回復性が強化されます。ただし、重複するイベントが送信されてしまう可能性があります。

Kafka イベントソースでは、デフォルトでイベント配信のリトライ回数が固定されています。Kafka チャネルの場合、Kafka チャネルの Delivery 仕様に設定されている場合にのみリトライが実行されます。

配信保証に関する詳細は、イベント配信 のドキュメントを参照してください。