Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

11.9.3. シークレットおよび設定マップへの関数アクセスの手動による追加

シークレットおよび設定マップにアクセスするための設定を手動で関数に追加できます。これは、既存の設定スニペットがある場合などに、kn func config 対話型ユーティリティーとコマンドを使用するよりも望ましい場合があります。

11.9.3.1. シークレットのボリュームとしてのマウント

シークレットをボリュームとしてマウントできます。シークレットがマウントされると、関数から通常のファイルとしてアクセスできます。これにより、関数がアクセスする必要がある URI のリストなど、関数が必要とするデータをクラスターに格納できます。

前提条件

  • OpenShift Serverless Operator および Knative Serving がクラスターにインストールされている。
  • Knative (kn) CLI をインストールしている。
  • 関数を作成している。

手順

  1. 関数の func.yaml ファイルを開きます。
  2. ボリュームとしてマウントするシークレットごとに、以下の YAML を volumes セクションに追加します。

    name: test
    namespace: ""
    runtime: go
    ...
    volumes:
    - secret: mysecret
      path: /workspace/secret
    • mysecret をターゲットシークレットの名前に置き換えます。
    • /workspace/secret は、シークレットをマウントするパスに置き換えます。

      たとえば、addresses シークレットをマウントするには、次の YAML を使用します。

      name: test
      namespace: ""
      runtime: go
      ...
      volumes:
      - configMap: addresses
        path: /workspace/secret-addresses
  3. 設定を保存します。